能の会 プロモーションサイト・CMS構築・フライヤー・チケット

京都を拠点に活動する能の会のウェブサイトをリニューアルさせていただきました。

会のご案内や公演の周知だけでなく、これまでの公演の記録も目的としています。

デザインは「間」や「侘・寂」を意識した、ゆったりしたイメージで サイト設計はWordpressを導入し、演目の資料をまとめて入力することで各コーナーに自動的に分類されるよう、 カスタマイズしています。 公演記録は専門家たちによる研究、考察がまとめられており、貴重な資料としてアーカイブされていくことでしょう。

公演フライヤー

日本の伝統文化の代表格である「能」公演の告知チラシを作成しています。金剛流の宗家を支える廣田様が主催する『廣田鑑賞会能』は、春と秋に年2回行われ、今年で26回を迎えます。弊社ではその全てを手掛けさせていただききました。

デザインにおいては、演目の代表的なシーンを想起させる背景を作成し、その公演で用いられる面(オモテ)を配置することで、奥深い意味や情緒を感じさせるビジュアルづくりをしています。

イラスト

廣田鑑賞会様より能公演「鵺」の告知チラシ用メインビジュアルとして「鵺」イラスト依頼されました。

どのように鵺を配置するかは粗原稿で頂いたので、レイアウトはその様にしました。イラストのタッチは『日本画風でシンプルに』との要望がありましたので、鵺に関する資料を参考にしながらイラストを作成しました。イラストの真ん中に「面」が入るレイアウトでしたので、通常よく描かれている「鵺」よりも胴長に描いています。瞳も『面に合わせて黒目を大きく』とのリクエストがありましたので、そのように修正を入れました。

イベントチケット

能鑑賞会のイベントでご利用になるチケットをご依頼いただきました。
質感のある紙にミシン目を入れシンプルにモノクロでレイアウトされています。
併せてA4チラシもご依頼いただきました。

A4チラシ

A4イベント告知チラシになります。
今回の舞台のテーマに基づき、お客様のご要望でストーリー性を感じる
レイアウトデザインに仕上げさせていただきました。
付随するチケットも併せてご依頼いただきました。

プロジェクト概要

クライアント名 廣田鑑賞会
クライアント所在地 京都
URL https://hirotaharu.com/

関連制作実績

関連コラム

  • 【UI/UXデザインとは?】初心者でもわかる!ユーザーエクスぺリエンスとは?

    武田 知也

    UIとは、User Interface(ユーザーインターフェース)の略で、利用者(ユーザー)が製品やサービスに触れるときの「目で見える部分」や「操作できる箇所」といった、ユーザーとの接点のことを指します。 「インターフェース(Interface)」という言葉はコンピューター、IT用語としてよく使用されます。直訳すると「境界面、接触面、界面」となり、異なる二つのものを仲介するという意味を持っています。 IT業界では、種類が異なる機器やコンピュータとプログラムを繋げる方法や装置のことをインターフェースと呼びます。   インターフェースの言葉のイメージを思い浮かべながら、あらためてUI(ユーザーインターフェース)を考えると分かりやすいのではないでしょうか。

    続きを読む
  • 印刷用画像補正の基本・初級編【明るさ・色調補正・傾き・解像度】 

    武田 知也

    スマートフォンを使うようになってからというもの、アプリを使ったフィルター加工やレタッチをすることが日常的になってきました。 しかし、ディスプレイでは美しく見える写真が、印刷してみると思い通りに行かなかったことはないでしょうか?実際にPhotoshopなどの画像補正の経験がある方ほど、印刷用の画像補正の難しさを知っているように思います。 今回はAdobe Photoshopを使った印刷に適した画像補正を作業順に解説していきます。 補正前 補正後 作例として白背景のカフェ写真を用意しました。 色調補正前の画像は全体的に暗く、背景も青みがかっています。これを補正後のように明るく、メリハリのある画像に補正していきます。

    続きを読む
  • DTP・印刷業界でよく使われる専門用語辞典

    武田 知也

    デザイナーや印刷会社の間でよく使われているDTP・印刷に関する専門用語を解説します。専門用語を覚えると修正や指示出しの際にとても便利です。専門職以外の方でも使う機会の多い用語をピックアップしました。

    続きを読む