能の会 プロモーションサイト・CMS構築・フライヤー・チケット

京都を拠点に活動する能の会のウェブサイトをリニューアルさせていただきました。

会のご案内や公演の周知だけでなく、これまでの公演の記録も目的としています。

デザインは「間」や「侘・寂」を意識した、ゆったりしたイメージで サイト設計はWordpressを導入し、演目の資料をまとめて入力することで各コーナーに自動的に分類されるよう、 カスタマイズしています。 公演記録は専門家たちによる研究、考察がまとめられており、貴重な資料としてアーカイブされていくことでしょう。

公演フライヤー

日本の伝統文化の代表格である「能」公演の告知チラシを作成しています。金剛流の宗家を支える廣田様が主催する『廣田鑑賞会能』は、春と秋に年2回行われ、今年で26回を迎えます。弊社ではその全てを手掛けさせていただききました。

デザインにおいては、演目の代表的なシーンを想起させる背景を作成し、その公演で用いられる面(オモテ)を配置することで、奥深い意味や情緒を感じさせるビジュアルづくりをしています。

イラスト

廣田鑑賞会様より能公演「鵺」の告知チラシ用メインビジュアルとして「鵺」イラスト依頼されました。

どのように鵺を配置するかは粗原稿で頂いたので、レイアウトはその様にしました。イラストのタッチは『日本画風でシンプルに』との要望がありましたので、鵺に関する資料を参考にしながらイラストを作成しました。イラストの真ん中に「面」が入るレイアウトでしたので、通常よく描かれている「鵺」よりも胴長に描いています。瞳も『面に合わせて黒目を大きく』とのリクエストがありましたので、そのように修正を入れました。

イベントチケット

能鑑賞会のイベントでご利用になるチケットをご依頼いただきました。
質感のある紙にミシン目を入れシンプルにモノクロでレイアウトされています。
併せてA4チラシもご依頼いただきました。

A4チラシ

A4イベント告知チラシになります。
今回の舞台のテーマに基づき、お客様のご要望でストーリー性を感じる
レイアウトデザインに仕上げさせていただきました。
付随するチケットも併せてご依頼いただきました。

プロジェクト概要

クライアント名 廣田鑑賞会
クライアント所在地 京都

関連コラム

  • WEB

    企業サイトでWordPressを使うメリット・デメリットは?

    武田 知也

    WordPress(ワードプレス)とは、ウェブサイトやブログなどを作成するCMSのひとつで、フリーソフトウェアです。専門的な技術が無くてもサイトの管理や投稿ができるため、ブログなどの更新頻度の高いウェブサイトで多く利用されています。 豆知識 CMSとは 「Contents Management System」の略称。日本語では「コンテンツ管理システム」と言います。ウェブサイトの制作には「HTML」や「CSS」といった専門知識を必要とするが、CMSはそういった専門知識部分はシステム側が行い、テキストや画像を入れるだけで、制作・管理・更新を簡単に行うことができるシステムです。

    続きを読む
  • 紙媒体による感覚マーケティングとは?

    武田 知也

    買い物にいった時、手に取った商品を購入する決め手は何でしょうか? 価格、デザイン、利便性、流行、インターネットの口コミが良かったから。様々な項目が思い浮 かびますが、最後の決め手となったのは「なんとなくこちらのほうが良さそう」といった「感覚」による判断だったことはないでしょうか? 市場の成熟に伴い製品やサービスの差別化がより一層難しくなる中において、消費者の「感覚」を考えることは今後ますます重要になってきます。 「視覚」「聴覚」「嗅覚」「味覚」「感覚」 五感への刺激をうまく取り込み、消費者にポジティブな影響を与えること。この消費者の「感覚」に注目したのが「感覚マーケティング」です。

    続きを読む
  • A?B?意外に知らない「紙」のサイズ

    武田 知也

    現在、身近な紙のサイズはJIS規格によって決められています。 最もポピュラーなサイズは、プリンターなどで使われるA4判ではないでしょうか? 「判」とは「判型」の略で、紙のサイズそのものを表す用語です。 A+数で表されるグループはA列と呼ばれ、A1(594×841)を基準にしています。 A1を半分にするとA2、A2を半分にするとA3、さらに半分にするとA4となっていきます。 このような関係がAグループで、国際規格にも採用されています。 さて、もう1つグループがあります。週刊少年誌などでなじみ深いB5判の属するグループです。 B+数で表されるグループはB列と呼ばれ、B1(728×1085)を基準にしています。 A列と同様、B1を半分にするとB2、B2を半分にするとB3、さらに半分にするとB4となっていきます。 このような関係がBグループで、江戸時代の美濃紙サイズに由来した国内規格です。 それぞれを見比べるとお分かりのようにA判よりもB判の方が一回り大きいことも特徴です。 どのような印刷物を作るかによって、最適な印刷用紙サイズが変わってきますので、あらかじめサイズ表を基準にされてみてはいかがでしょうか?

    続きを読む

お問い合わせ

075-812-5011 受付時間/9:00〜17:30 土・日・祝日休

受付時間/9:00〜17:30 土・日・祝日休
株式会社テイスト(運営会社)