プロモーションサイト

プロモーションサイトとは?役割の解説

プロモーションサイトとは商品やサービスを宣伝するためのウェブサイトです。

広告や販売促進、PRの役割をもったウェブサイトをプロモーションサイトもしくはキャンペーンサイトと呼び、ターゲットに「認知・興味・購入(コンバージョン)」してもらうための役割を担っています。
ここでは「認知・興味・購入(コンバージョン)」についてそれぞれ詳しく解説していきます。

【認知】まずは知ってもらうことから!

新しい製品やサービスを知るのはどんな時でしょうか?1日中片手に持っているスマートフォンやタブレットの中で、SNSやGoogleなどのウェブ広告から目にする機会も増えたのではないでしょうか。もしくは、以前登録したメールマガジンで新製品のお知らせが届くこともあるかと思います。

ターゲットユーザーをプロモーションサイトに誘導するには、ターゲットが触れている媒体の中へ入ることができるかが鍵です。インターネット広告、SNS、テレビや電車広告など、生活の中で触れる媒体を使い、いかにプロモーションサイトへ導くかを設計する必要があります。

【興味】興味を引きつけるデザイン

商品やサービスを知ってもらうことに成功したら、次は興味を持ってもらう段階へ移ります。
プロモーションサイトへ訪れたユーザーは、まず目的の商品やサービスの情報がどこに掲載されているかを探します。初めてサイトを訪れた「知っている」だけのユーザーが「興味を持つ」段階に進むために、コンテンツ内容やデザインを工夫し、サイト内での導線を設計しておく必要があります。
広告に使用している写真やデザイン、キャッチコピーをプロモーションサイトと調和せておくのも重要です。

ブランドのイメージに好意を持ってもらい、滞在時間を長くするためのサイト作りが重要になってきます。

【購入】コンバージョンのための決め手

プロモーションサイトの最大の目的は「コンバージョン」です。コンバージョンとは商品の購入や、サービスの予約、資料請求などユーザーにアクションして欲しいことを指します。

コンバージョンのための戦略はプロモーションサイトごとに違ってきます。最終的なアクションを起こしてもらうための要素を3つ紹介します。

1.コンテンツ力
商品やサービスを魅力的に見せるために、イメージ写真やキャッチコピー、体験談など惹きつけられるコンテンツ作りを展開します。

2.信頼感・安心感
サイトを運営している会社に信頼感・安心感をもってもらうことは、コンバージョンのための重要な要素です。企業情報や特定商法取引についてなど必要に応じて明記します。

3.デザイン・導線
商品の魅力が伝わり、いざ購入しようとしても購入ボタンが分からない、なんてことがあったらもったいないですね。コンバージョンまでのアクションを考えながら丁寧にデザインし、導線を作ることが重要です。

関連制作実績

関連コラム

  • WEB

    WEBフォントについて学ぼう!メリットと注意点を解説

    武田 知也

    Webフォントが使えるようになる以前は、Webサイトは端末にインストールされているフォントに依存していました。 CSSを使いフォントを指定することは可能でしたが、一般的な端末にインストールされているフォントは数が少なく、製作者の指定したフォントがない場合は代替フォントで表示されます。 つまり、Webサイトのフォントはユーザー環境に左右されて、製作者の意図しないデザインに表示されることがあったのです。 この問題を解決するために作られた技術がWebフォントです。 サーバー上にあるフォントファイルから、Webデザイナーが指定したWebフォントを読み込んで表示するため、どのデバイスでも同じフォントで閲覧することができるようになりました。 今回はWebフォントのメリットと注意点について解説します。

    続きを読む
  • ブランド戦略とは?|メリットと企業成功事例3選

    武田 知也

    「ブランド」と聞くと、高級なファッション製品やロゴが思い浮かぶかもしれませんが、この言葉の定義を簡単にまとめると、製品やサービス、含め企業やメーカーに対して消費者が持つ「共有イメージ」のことです。 企業の販促・マーケティングにおいて、「ブランド戦略」「ブランディング」は、一般的な言葉だからこそ定義を理解しないままに、「高級感」などの施策の話しを先行してしまいがちです。 ブランドという言葉を理解し施策を行うことが、強い戦略を組み立てるために必要です。今回は「ブランド戦略」について解説していきます。 「ブランド」 ブランド(銘柄、英: brand)とは、ある財・サービスを、他の同カテゴリーの財やサービスと区別するためのあらゆる概念。当該財サービス(それらに関してのあらゆる情報発信点を含む)と消費者の接触点(タッチポイントまたはコンタクトポイント)で接する当該財サービスのあらゆる角度からの情報と、それらを伝達するメディア特性、消費者の経験、意思思想なども加味され、結果として消費者の中で当該財サービスに対して出来上がるイメージ総体。(Wikipediaより引用)

    続きを読む
  • 広告・販促制作に活かそう!マーケティング・プロセスとは

    武田 知也

    パンフレット制作などを考えるときに、マーケティング戦略を検討することがあります。 その流れの基本をおさらいの意味も含めて、改めて見てみましょう。

    続きを読む