動画

映像制作の一貫体制

企業 PR や、映像マニュアルの教育研修、製品・サービス PR まで、様々なジャンルの映像コンテンツの企画・構成・撮影・編集を一貫した制作体制で提供しています。また、YouTube やFacebook ページなどインターネットメディアを活用した映像サービスも多数手掛けています。

映像のライブ配信なども取り扱っておりますので、ご要望に応じてご相談ください。

ドローン空撮

株式会社テイストは、日本全国1年間の包括許可『無人航空機の飛行に係る許可・承認書』を大阪航空局より取得しています。
詳細につきましてはお気軽にお問い合わせください。
※飛行エリアにつきましては該当する敷地所有者様の承認が必要になります。
※撮影地によっては、飛行をお受けできない場合がございます。ご了承ください。

関連制作実績

関連コラム

  • ドローン撮影の基礎知識その2|ご依頼・撮影の流れと制作実績紹介

    武田 知也

    2021年7月23日の開会式より1年遅れで始まった、TOKYO2020オリンピック。 開会式では1824台のドローンをつかった演出が話題になりましたね。 オリンピックスタジアム上空で行われた、オリンピックエンブレムの市松模様から地球儀の形へ変化する3D空間のパフォーマンスは、まさに新世代テクノロジーと言えるものでした。 ドローンを使った演出がここまで進化しているとはと驚いた方も多かったのではないでしょうか? 開会式のドローンショーは、国際オリンピック委員会(IOC)の技術パートナーであるアメリカのインテル社によるものでした。ショーや映像だけでなく、災害対応や物流などドローンは世界中で活発に技術開発が行われています。 ドローン技術は今後ますます一般的になっていくでしょう。

    続きを読む
  • ドローン撮影の基礎知識その1|空撮には免許や許可が必要?

    武田 知也

    空から俯瞰して見た街の景色や、雪山などの極地撮影、ドローン撮影での映像は様々なシーンで見かけるようになってきました。 ドローンの空撮映像はよく見るけれど、撮影の許可や免許についてなど、実際の撮影に必要な情報はあまり知られていないのではないでしょうか? 今回はドローン撮影に関する疑問にお答えします。 京都広告デザイン.comでは、ドローンによる空撮を行っております。 【西日本選手権競漕大会ドローン撮影(空撮)】

    続きを読む
  • 【6秒動画】YouTubeバンパー広告とは?制作における3つのポイントと事例7選

    武田 知也

    YouTubeなど動画配信サービスを見ていると、スキップできない6秒間程度の短い広告を見かける機会が増えてきたと感じませんか? 元々は「Vine(バイン)」という6秒動画のSNSから始まった短い動画トレンドは、2016年にVineのサービスは終了後もその訴求力は引き継がれ、6秒動画は今や動画広告の中でひとつのフォーマットとなっています。 6秒で伝える!一瞬で心を掴む「驚き」の広告フローでも紹介したように、1990後半から2000年代生まれ、デジタルネイティブでもあるZ世代の集中力は6秒と言われています。 6秒で伝える! 一瞬で心を掴む「驚き」の広告フロー ほとんどの視聴者にとって、広告はスキップしたい煩わしい存在です。 視聴者に嫌がられれず、かつ企業にとっては必要なメッセージを伝えることができる最適な長さが6秒間なのです。 6秒間は短く感じるようで、製品やサービス、メッセージを伝えるのに充分な長さがあります。

    続きを読む