名作コピーから学ぶ|印象に残る面白いキャッチコピー7選

武田 知也

「名作コピーから学ぶ」シリーズ第3弾。
今回は思わず人に教えたくなるような、面白いキャッチコピーをご紹介します。
「むかし、CMで流れてたよね!」と思い出すような、印象に残る名作揃いです。

「名作コピーから学ぶ」シリーズ

名作コピーから学ぶ センスのあるキャッチコピー7選

名作コピーから学ぶ|ファッション&化粧品キャッチコピー7選

広告におけるキャッチコピーの役割と種類

イメージコピー
企業やサービス・商品のイメージを定着させる。ブランディングをする際に使用する。

セールスコピー
商品を売り込む文言。購買や登録などを今すぐ行動させるために使用する。

印象に残る面白いキャッチコピー

「セガなんてだせえよな!プレステの方がおもしろいよな!」
セガ・エンタープライゼス/1999年

自虐ネタで注目を浴びたドリームキャストCM「進め!湯川専務」シリーズ第1話のキャッチコピーです。
第8話まで続く湯川専務シリーズは今見ても面白いセガの最高傑作CMです。


「たまに食べるとおいしいよ〜♪毎日食べるとちょっとあきる〜♪」
ケンミン食品/1994年

つい口ずさんでしまうキャッチーなフレーズの焼きビーフンのCMソングです。
食卓ではマイナーなビーフンという食材を、一度聴いたら忘れられないキャッチコピーで印象を残す優れた広告です。
「毎日食べたらちょっとあきる〜♪」と褒めすぎないところもうまくできてます。


「男のパンツの広告してます。」
グンゼ/1999年

インナーウェアを取り扱うグンゼが、なぜ「パンツの広告」なんて当たり前のことを言うの?と不思議なコピーですが、実はこちらのCM、女優の篠原涼子さんがボクサーブリーフを履いて登場します。
ワンピースの下に身に付けた、男性用パンツ。そのギャップにドキッとするCMです。

「3階の娘の部屋は、会社より遠い。」
旭化成ヘーベルハウス/2001年

階段を見上げるお父さんの後ろ姿を連想させるキャッチコピー。名作と呼ばれるキャッチコピーは言葉の向こうにある情景をありありと思い浮かべることができます。


「おしりだって、洗ってほしい」
東陶機器 ToToウォシュレット/1983年

まだウォシュレットが普及していない時代に、どうしたら認知されるかを考えて作られたコピーです。数々の名作コピーを手がけていたコピーライター仲畑貴志さんが、当時は広告表現でタブーとされていた「おしり」という言葉を使い、常識に挑戦した名キャッチコピーといわれています。


「プール冷えてます」
としまえん/1986年

2020年、惜しまれながらも94年の歴史に幕を下ろしたとしまえんのプールのキャッチコピーです。
夏の灼熱の日差しの中、ゆるいペンギンのキャラクターと「プール冷えてます」。ストレートな広告ほど強い印象に残りますね。

としまえんのプールシリーズはこの他にも
俳優の温水洋一さんがメインビジュアルの「冷やし温水。」(2008年)
田原俊彦さんがメインビジュアルの「としプー!」(2013年)
などユニークなものばかりです。

「いいムネあります」
文の里商店街ポスター/2013年

ポスターに使われている写真は水着の女性の胸元アップ。「え?」っと思わず目を留めてしまうこちらのキャッチコピー。
実は、精肉店のポスターのキャッチコピーです。
別バージョンに女性の太ももの写真を使った「いいモモあります」もあります。

SNSでも定期的に話題に上がる、大阪阿倍野の文の里商店街のポスターシリーズは、この他にもユニークなキャッチコピーが目白押しです。

「ポスター?はよ作ってや。死ぬで。」大嶋漬物店
「ファストファッション?50年前からやっとるわ」ブティック クロサワ
「アホにつける薬はあれへん。」阪和薬局
「切り口に、大量の塩を塗り込んでやった。」元祖 漬もんや
「店長が中国で友達に教わった麻婆豆腐 500円」七福や

まとめ

いかがでしたでしょうか?
時代を越えて今でも話題になる程名作と言われるキャッチコピーは、ビジュアル表現も強く印象に残る広告が多いですよね。
キャッチコピーやプロモーションにお悩みの方は、京都広告デザイン.comにご相談ください。

関連制作実績

  • 神社 プロモーションサイト制作・動画制作

    陰陽師・安倍晴明公を祀る、京都市上京区にある晴明神社のプロモーションサイト(郵送祈祷について)の制作をさせていただきました。 内なる悩み、願いを神様にお伝えする御祈祷は、御神前にお越しいただくのが本儀ですが、 「病気やけがでお参りが叶わない」 「遠くからでも晴明様にお願いしたい」 「遠方に住む親や子供の健康を祈りたい」 など、種々のご事情により御祈祷を受けられない方々のために、郵送等による御祈祷をお申込みいただける特設サイトを制作いたしました。 プロモーションサイト制作に合わせて、写真撮影と動画撮影を行いました。 動画は、YouTubeでもご覧いただけます。

    続きを読む
  • 神社 ライブ配信

    陰陽師・安倍晴明公を祀る、京都市上京区にある晴明神社のライブ配信動画の撮影をさせていただきました。 今回(2021年2月2日)、境内の密を避けるため、「節分星祭」のライブ配信のご提案をさせていただき、参拝いただけない皆様にお届けさせていただきました。 下記より【プロジェクト概要】より、録画映像をご覧いただけます。

    続きを読む
  • 建設業協会 広報誌・写真撮影・取材

    建設業協会の広報誌の制作を行っています。特集記事企画から取材デザインなどの制作、印刷までご依頼いただきました。 表紙イラストに始まり、地域のPC橋を紹介する紀行記事、撮影、編集など総合的に担当し、制作いたしました。制作にあたっては企画段階から会議に出席し、紀行記事へのロケハン、撮影、取材依頼、撮影、ライティング、校正、校閲、印刷まで一貫したサービスを行いました。 こちらの広報誌は、会員企業、大学、研究機関、官公庁向けとなっており、全国にあるPC構造物を紹介する特集では企画・取材・ライティング・撮影を行い、8~10ページ位の企画として仕上げていきます。その他、業界内の問題や課題に切り込む特別企画など、会員企業に好評の内容となっています。年間3回の発刊、5年目になりますが、年々企画が充実したものとなっています。 お客様からは「業界の売りとなる立派な広報誌ができた。広報力の強化を行うことができた」と満足いただいています。

    続きを読む

関連コラム

  • 【UI/UXデザインとは?】初心者でもわかる!ユーザーエクスぺリエンスとは?

    武田 知也

    UIとは、User Interface(ユーザーインターフェース)の略で、利用者(ユーザー)が製品やサービスに触れるときの「目で見える部分」や「操作できる箇所」といった、ユーザーとの接点のことを指します。 「インターフェース(Interface)」という言葉はコンピューター、IT用語としてよく使用されます。直訳すると「境界面、接触面、界面」となり、異なる二つのものを仲介するという意味を持っています。 IT業界では、種類が異なる機器やコンピュータとプログラムを繋げる方法や装置のことをインターフェースと呼びます。   インターフェースの言葉のイメージを思い浮かべながら、あらためてUI(ユーザーインターフェース)を考えると分かりやすいのではないでしょうか。

    続きを読む
  • 名作コピーから学ぶ|ファッション&化粧品キャッチコピー7選

    武田 知也

    「名作コピーから学ぶ」シリーズ第2弾。 今回はファッション&化粧品に使われた、名作コピーや最新広告の中から魅力あるイメージコピーを7つご紹介します。主に女性をターゲットにしたコピー集めました。 第1弾はこちら 名作コピーから学ぶ センスのあるキャッチコピー7選 広告におけるキャッチコピーの役割と種類 イメージコピー 企業やサービス・商品のイメージを定着させる。ブランディングをする際に使用する。 セールスコピー 商品を売り込む文言。購買や登録などを今すぐ行動させるために使用する。

    続きを読む
  • 【2021年版】インスタグラムビジネスアカウントを使った企業の活用方法

    武田 知也

    国内の月間アクティブアカウント数3,300万人(2019年3月時点)を突破したInstagram(インスタグラム)。2021年も最も注力すべきSNSのひとつです。 オンラインの需要が高まり、今年からSNSアカウント開設したい、発信の主力ツールとして活用しようと考えている企業も増えてきているのではないでしょうか。 前回インスタグラムビジネスアカウントについての運用のポイントについて解説しました。 【2021年版】インスタグラムでビジネスアカウントを始める運用のポイントを徹底解説 今回は具体的なインスタグラムの活用方法について紹介します。

    続きを読む