名作コピーから学ぶ|ファッション&化粧品キャッチコピー7選

武田 知也

「名作コピーから学ぶ」シリーズ第2弾。
今回はファッション&化粧品に使われた、名作コピーや最新広告の中から魅力あるイメージコピーを7つご紹介します。主に女性をターゲットにしたコピー集めました。

第1弾はこちら

名作コピーから学ぶ センスのあるキャッチコピー7選

広告におけるキャッチコピーの役割と種類

イメージコピー
企業やサービス・商品のイメージを定着させる。ブランディングをする際に使用する。

セールスコピー
商品を売り込む文言。購買や登録などを今すぐ行動させるために使用する。

ファッション編

「あした、なに着て生きていく?」
earth music&ecology/2010年

2010年に宮崎あおいさんをメインキャラクターとして起用。2017年には宮崎あおいさんに加え、鈴木京香さん、広瀬すずさんが新たに登場し、三者三様の自然体な着こなしで話題になりました。
服を着ることであしたの自分を形づくる。メッセージの中に時代の空気を感じる名キャッチコピーのひとつですね。



「きょ年の服では、恋もできない。」
三陽商会/1997年

バーバリーの広告に使われたキャッチコピー。
「新作が出ました」や「今年のトレンドはこれ」なんてことは書いてなくても、街中でこの言葉に出逢ったら、思わず新作の服を買いに行ってしまいそうです。
新しい洋服に袖を通す時の高揚感と恋する気持ちは、少し似ているような気がします。

「旅に出る服は、写真に残る服だ。」
西武百貨店/2002年

西武百貨店のポスターのキャッチコピー。
その通りと思わずうなずきたくなる言葉ですね。気づきのあるキャッチコピーは強く印象に残ります。
SNS前夜の2002年にこのコピーが生まれたのも、この先の時代を予見しているようで興味深いですね。(日本におけるSNS元年は2004年)

「運勢は生まれた日より、選んだ服で変わると思う」
ルミネ/2010年

数多くの名コピーを生み出しているルミネの広告より「服」という言葉が入っているコピーをピックアップしました。

この他にも
「自分に夢中になれないと、誰かを真っすぐ愛せない」
「去年の服が似合わなかった。わたしが前進しちゃうからだ。」
「未来を信じてなきゃ服なんて買えない。」
「生まれ変わるなら、またわたしでいい。」
「別人にはなれないから 自分を可愛くすればいい。」
「運命を狂わすほどの恋を、女は忘れられる。」

など、女性の心に刺さる名コピーの宝庫です。

化粧品編

「一瞬も 一生も 美しく」
資生堂/2005年〜

資生堂130周年につくられたコーポレートメッセージです。
たった9文字なのに、資生堂の伝えたいメッセージが凝縮されています。
「美」に関わる企業らしい、潔さも感じさせる凛とした名キャッチコピーですね。

「運命よりも、きれいになろう。」
SK-Ⅱ/2015年

「自分のDNAの限界を超えて運命を変える」ことをテーマに、肌の美しさは遺伝的な要素だけではなく、あなたの肌の運命は自分自身で決めるというメッセージが込められたコピーです。
通常の肌診断のほかに、DNA診断も実施していたそうです。

「ひとくちだけ、試してみたい、色がある。」
ノイン株式会社「sopo」/2020年

去年発売のファミリーマートのプライベート「sopo」のキャッチコピー。
コンビニで手軽に買える、お試しサイズのコスメブランドです。

instagram用に「#ひとくちコスメ」ハッシュタグも用意されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回取り上げたコピーは、主に女性をターゲットとした広告でしたが、女性をターゲットにした場合のアプローチとして「私」を主役にしたフレーズが多いことに気がつきませんか?
女性向けのファッションや化粧品のコピーには、「私」を中心に未来へ向けた前向きな言葉が多く使われています。これが男性に向けたコピーだとまた少し違ったアプローチになります。

男性脳・女性脳で異なるアプローチ方法や時代によって変化していくコピーについても、またの機会にご紹介させていただきます。
キャッチコピーやプロモーションにお悩みの方は、京都広告デザイン.comにご相談ください。

関連制作実績

  • 神社 プロモーションサイト制作・動画制作

    陰陽師・安倍晴明公を祀る、京都市上京区にある晴明神社のプロモーションサイト(郵送祈祷について)の制作をさせていただきました。 内なる悩み、願いを神様にお伝えする御祈祷は、御神前にお越しいただくのが本儀ですが、 「病気やけがでお参りが叶わない」 「遠くからでも晴明様にお願いしたい」 「遠方に住む親や子供の健康を祈りたい」 など、種々のご事情により御祈祷を受けられない方々のために、郵送等による御祈祷をお申込みいただける特設サイトを制作いたしました。 プロモーションサイト制作に合わせて、写真撮影と動画撮影を行いました。 動画は、YouTubeでもご覧いただけます。

    続きを読む
  • 神社 ライブ配信

    陰陽師・安倍晴明公を祀る、京都市上京区にある晴明神社のライブ配信動画の撮影をさせていただきました。 今回(2021年2月2日)、境内の密を避けるため、「節分星祭」のライブ配信のご提案をさせていただき、参拝いただけない皆様にお届けさせていただきました。 下記より【プロジェクト概要】より、録画映像をご覧いただけます。

    続きを読む
  • 建設業協会 広報誌・写真撮影・取材

    建設業協会の広報誌の制作を行っています。特集記事企画から取材デザインなどの制作、印刷までご依頼いただきました。 表紙イラストに始まり、地域のPC橋を紹介する紀行記事、撮影、編集など総合的に担当し、制作いたしました。制作にあたっては企画段階から会議に出席し、紀行記事へのロケハン、撮影、取材依頼、撮影、ライティング、校正、校閲、印刷まで一貫したサービスを行いました。 こちらの広報誌は、会員企業、大学、研究機関、官公庁向けとなっており、全国にあるPC構造物を紹介する特集では企画・取材・ライティング・撮影を行い、8~10ページ位の企画として仕上げていきます。その他、業界内の問題や課題に切り込む特別企画など、会員企業に好評の内容となっています。年間3回の発刊、5年目になりますが、年々企画が充実したものとなっています。 お客様からは「業界の売りとなる立派な広報誌ができた。広報力の強化を行うことができた」と満足いただいています。

    続きを読む

関連コラム

  • 名作コピーから学ぶ|印象に残る面白いキャッチコピー7選

    武田 知也

    「名作コピーから学ぶ」シリーズ第3弾。 今回は思わず人に教えたくなるような、面白いキャッチコピーをご紹介します。 「むかし、CMで流れてたよね!」と思い出すような、印象に残る名作揃いです。 「名作コピーから学ぶ」シリーズ 名作コピーから学ぶ センスのあるキャッチコピー7選 名作コピーから学ぶ|ファッション&化粧品キャッチコピー7選 広告におけるキャッチコピーの役割と種類 イメージコピー 企業やサービス・商品のイメージを定着させる。ブランディングをする際に使用する。 セールスコピー 商品を売り込む文言。購買や登録などを今すぐ行動させるために使用する。

    続きを読む
  • 【2021年版】インスタグラムビジネスアカウントを使った企業の活用方法

    武田 知也

    国内の月間アクティブアカウント数3,300万人(2019年3月時点)を突破したInstagram(インスタグラム)。2021年も最も注力すべきSNSのひとつです。 オンラインの需要が高まり、今年からSNSアカウント開設したい、発信の主力ツールとして活用しようと考えている企業も増えてきているのではないでしょうか。 前回インスタグラムビジネスアカウントについての運用のポイントについて解説しました。 【2021年版】インスタグラムでビジネスアカウントを始める運用のポイントを徹底解説 今回は具体的なインスタグラムの活用方法について紹介します。

    続きを読む
  • 【6秒動画】YouTubeバンパー広告とは?制作における3つのポイントと事例7選

    武田 知也

    YouTubeなど動画配信サービスを見ていると、スキップできない6秒間程度の短い広告を見かける機会が増えてきたと感じませんか? 元々は「Vine(バイン)」という6秒動画のSNSから始まった短い動画トレンドは、2016年にVineのサービスは終了後もその訴求力は引き継がれ、6秒動画は今や動画広告の中でひとつのフォーマットとなっています。 6秒で伝える!一瞬で心を掴む「驚き」の広告フローでも紹介したように、1990後半から2000年代生まれ、デジタルネイティブでもあるZ世代の集中力は6秒と言われています。 6秒で伝える! 一瞬で心を掴む「驚き」の広告フロー ほとんどの視聴者にとって、広告はスキップしたい煩わしい存在です。 視聴者に嫌がられれず、かつ企業にとっては必要なメッセージを伝えることができる最適な長さが6秒間なのです。 6秒間は短く感じるようで、製品やサービス、メッセージを伝えるのに充分な長さがあります。

    続きを読む