【東京五輪NZL代表事前合宿ドローン空撮:Rowing】

世界最速!金メダリストのドローン撮影

2021年7月13日~17日、ニュージーランドRowing代表チームの東京五輪事前合宿において男子エイトのドローン撮影を行いました。
男子エイトは、東京五輪にて金メダルを獲得。
世界最速のRowingを、ぜひご覧ください。

*ニュージーランドはボート競技において、金メダル3つ、銀メダル2つ。世界で最も受賞したチームです。

金メダル候補から、金メダリストへ

事前合宿の空撮映像(ダイジェスト)になります。

上空からの撮影

ボート競技の指導者は、選手に伴走することで的確な指示を出していきます。「普段見ることのできない上空からの映像は、チームにとって非常に有意義な資料になった」と、分析チームの方からご評価いただきました。

 

どこまでも美しいRowing

水上をどこまでも、優雅に漕ぎ続ける様子はとても美しく、見る者を虜にします。

力強さとスピード感、それは世界一へと導く

8人の動きが寸分たがわずシンクロすることで、最速のスピードを産み出すボート競技。
1秒に満たないその一瞬を見逃さず、改善を重ねることができる世界最高のチームだからこそ、今回の金メダリストにふさわしいのではないでしょうか。

プロジェクト概要

クライアント名 Rowing New Zealand
URL https://www.rowingnz.kiwi/
チーム構成 映像クリエイター, カメラマン, 外部パートナー
リリース時期 2021年8月

関連制作実績

関連コラム

  • 印刷用画像補正の基本・初級編【明るさ・色調補正・傾き・解像度】 

    武田 知也

    スマートフォンを使うようになってからというもの、アプリを使ったフィルター加工やレタッチをすることが日常的になってきました。 しかし、ディスプレイでは美しく見える写真が、印刷してみると思い通りに行かなかったことはないでしょうか?実際にPhotoshopなどの画像補正の経験がある方ほど、印刷用の画像補正の難しさを知っているように思います。 今回はAdobe Photoshopを使った印刷に適した画像補正を作業順に解説していきます。 補正前 補正後 作例として白背景のカフェ写真を用意しました。 色調補正前の画像は全体的に暗く、背景も青みがかっています。これを補正後のように明るく、メリハリのある画像に補正していきます。

    続きを読む
  • ドローン撮影の基礎知識その2|ご依頼・撮影の流れと制作実績紹介

    武田 知也

    2021年7月23日の開会式より1年遅れで始まった、TOKYO2020オリンピック。 開会式では1824台のドローンをつかった演出が話題になりましたね。 オリンピックスタジアム上空で行われた、オリンピックエンブレムの市松模様から地球儀の形へ変化する3D空間のパフォーマンスは、まさに新世代テクノロジーと言えるものでした。 ドローンを使った演出がここまで進化しているとはと驚いた方も多かったのではないでしょうか? 開会式のドローンショーは、国際オリンピック委員会(IOC)の技術パートナーであるアメリカのインテル社によるものでした。ショーや映像だけでなく、災害対応や物流などドローンは世界中で活発に技術開発が行われています。 ドローン技術は今後ますます一般的になっていくでしょう。

    続きを読む
  • ドローン撮影の基礎知識その1|空撮には免許や許可が必要?

    武田 知也

    空から俯瞰して見た街の景色や、雪山などの極地撮影、ドローン撮影での映像は様々なシーンで見かけるようになってきました。 ドローンの空撮映像はよく見るけれど、撮影の許可や免許についてなど、実際の撮影に必要な情報はあまり知られていないのではないでしょうか? 今回はドローン撮影に関する疑問にお答えします。 京都広告デザイン.comでは、ドローンによる空撮を行っております。 【西日本選手権競漕大会ドローン撮影(空撮)】

    続きを読む