HowTo 会社案内パンフレット|シーン別の制作事例と料金サンプル

武田 知也

「会社案内が古くなったから新しく作り直してほしい。」
「新卒向けにフレッシュな会社案内を作ってはどうだろうか。」
「今度の展示会で新規事業を盛り込んだ会社案内パンフレットが必要になった。」

あなたは会社案内の制作を担当することになりました。

今までのパンフレットは会社概要をまとめただけの簡単なものだけ。
何から手を付けていいのか分からない!

今回はそのような担当者に向けた、営業・採用・展示会、各シーン別に会社案内パンフレットに合った印刷デザインと弊社の制作事例をご紹介します。

会社概要を掲載するだけでは、会社の本質を伝えることはできません。
企業理念・コンセプト、ストーリー、ブランディングなどの手法を使い、会社案内を広報媒体としてうまく活用しましょう。

シーン別会社案内のデザインと制作事例

営業活動用会社案内

会社案内パンフレットは、営業にとって大切なツールです。
まずは会社案内を渡すことから始まることも多いのではないでしょうか。

営業先に最初に伝えるべきは「信頼感」ではないでしょうか。
会社案内をうまく使い、会社の信用を見える形にします。

おすすめは中綴じ冊子です。
中綴じ冊子は最小4ページから最大は40ページ程度の冊子型の印刷物です。
ページ数は四の倍数になるため
4P、8P、12P、16P、20P、24P、28P、32P、36P、40Pから選びます。
一般的な中綴じの会社案内は8ページ〜16ページ程度で作ることが多いです。
それぐらいのページ数だと、会社を様々な角度からボリュームたっぷり伝えられると同時に、しっかりとした重みで信用を上げることができます。

紙の質感のもつ無意識化へのマーケティングについて「紙媒体による感覚マーケティングとは?」も合わせてご覧ください。

紙媒体による感覚マーケティングとは?

中綴じ冊子会社案内 制作事例

機械メーカー 製品パンフレット

製造業(電子部品・機器) 会社案内

半導体メーカー 会社案内

料金サンプル

A4・8ページ 中綴冊子
300,000円〜

(内訳)
制作費:240,000円、印刷料:60,000円
・サイズ:A4・8ページ
・用紙:マットコート135kg
・加工:中綴製本
・ページ:8P
・部数:1000

採用活動用会社案内

会社案内を使うシーンの中でも重要な場所のひとつが採用活動ではないでしょうか。
特に規模の大きい合同説明会では、会社案内パンフレットは求職者との貴重なコミュニケーションになってきます。

できるだけ多くの求職者に選んでもらうことが優秀な人材と出会うための方法です。数ある企業の中に埋もれないよう、オリジナリティのあるパンフレット制作が求められます。

おすすめはフォルダ型会社案内です。

パンフレットやリーフレットをフォルダポケットに差し込むタイプにしておくことで、渡す相手や配布する場所によって内容を変えられるのがメリットです。

中に入れる印刷物は、会社概要や事業紹介を掲載したA4二つ折りパンフレットや、先輩社員のインタビューを掲載したミニ冊子など、ターゲットに合わせて組むことができます。ブランディングやコンセプトを全面に出した大胆なデザインにするのもおすすめです。

また、印刷内容の修正や追加があった場合は、冊子印刷と違い印刷物ごとに行えるため経済的なのも魅力です。

フォルダ型会社案内 制作事例

医療支援会社 会社案内・パンフレット・リーフレット・コーポレートサイト・ロゴデザイン

不動産会社 広報誌・ライティング・写真撮影・会社案内

文化財調査サービス会社 会社案内

展示会・販促用会社案内


業種にもよりますが、展示会や店頭販促の時に会社案内を使用することも多いのではないでしょうか。
ブースや売り場に配布場所を設け自由に手に取ってもらう、商談中に使用する場合など会社の名刺代わりとして会社案内が活躍します。

おすすめは二つ折り、三つ折り加工の会社案内です。
1枚の紙を2つ、もしくは3つに折り加工を入れることで、4〜6ページのパンフレットにします。

展示会では製品やサービスがメインになります。会社案内はサービズや製品カタログ、リーフレットの良き脇役になるよう、会社概要をグッと詰め込んだシンプルなタイプはいかがでしょうか。

二つ折り・三つ折り加工会社案内 制作事例

自動車総合サービス業 パンフレット

不動産総合事業 会社案内

料金サンプル

A4・4ページ 二つ折り
152,000円〜

(内訳)
制作費:120,000円、印刷料:32,000円
・サイズ1:A4・4ページ
・サイズ2:(297㎜×210㎜)
・用紙:マットコート110kg
・加工:二つ折
・ページ:4P
・部数:1000

まとめ

一言に会社案内といっても、使用する場所や用途によって様々です。
会社案内パンフレットを成功させるコツは、制作前に自社を徹底的に分析し、会社案内にコンセプトを設定することです。

京都広告デザイン.comでは企画から印刷物納品まで一貫してお手伝いいたします。
丁寧なヒアリングでお客様のお悩みの本質を追求し、解決へと導くための答えを探します。京都を中心に印刷物をあつかって30年。多数の会社案内の制作実績を持つ京都広告デザイン.comにお任せください。

関連制作実績

  • 公益社団法人 安全マニュアル

    「公益社団法人日本ボート協会」様の発刊する、「ローイング安全マニュアル2021」の制作・印刷を致しました。 ボートに関わる全ての方が、楽しく安全に競技に打ち込むための内容が盛り込まれています。 数年おきにリニューアルを繰り返し、常に最新の状態で皆様にお届けしております。 尚、本製品の詳細に関しては協会ホームページ内、「安全なローイング」をご参照くださいませ。

    続きを読む
  • 大学ボート部 新入生向けパンフレット

    大学のスポーツチームの新人勧誘用のパンフレットを制作いたしました。 毎年工夫を凝らし、企画・デザインをグレードアップして制作させていただいています。 コロナウイルスの影響で、思うように新入部員の獲得ができなかった昨年度を乗り越えて、多くの新入生にアピールしたい!! そのアツい想いを、目一杯詰め込んだ一冊にデザインいたしました。 【仕様】 ・A4 24ページ ・中綴じ製本 左綴じ

    続きを読む
  • 大学ボート部 年報

    大学ボート部の年報(令和2年度)です。毎年楽しみにしている部員・OBのために、飽きのこないデザインと、力強さを表現しました。現競技者・元競技者向けの冊子になりますので、1年間の戦績など見やすいレイアウトを心掛けています。 毎年同じではなく、その年ごとの特色が出る冊子になっています。 制作、文章の校正、印刷を担当しています。 【仕様】 ・A4 48ページ ・両面フルカラー ・中綴じ製本 右綴じ ・表紙加工オプション

    続きを読む

関連コラム

  • SDGs入門|持続可能な社会のために印刷物にできること

    武田 知也

    SDGs(持続可能な開発目標/Sustainable Development Goals)とは、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓った、持続可能でよりよい世界を目指す国際目標のことです。 2015年に策定され、2030年までの長期目標として、17のゴール・169のターゲット(具体目標)から構成されています。 ニュースやメディアで取り上げられることも多くなり、耳にする機会も増えてきたのではないでしょうか?SDGs達成に向けて目標に取り組む企業・団体も多くなってきました。 あなたは17の目標のうち、いくつを知っていますか?         2021年現在、SDGsの目標達成期限である2030年まで10年を切りました。 あなたはこれらの目標すべてを2030年までに達成できると思いますか? もしその答えが「いいえ」なら、なぜ達成できないと感じたのかを一度考えてみてはいかがでしょうか。

    続きを読む
  • ユニバーサルデザイン入門|わかりやすい印刷物のつくり方

    武田 知也

    ユニバーサルデザイン(UD)とは「universal=普遍的な」の言葉が示す通り、文化・言語・国籍や年齢・性別・能力などの違いに関わらず、できるだけ多くの人が利用できることを目指した設計(デザイン)のことです。 建築物やその設備、製品や情報などさまざまな分野で取り組まれています。 ユニバールデザインの提唱者 アメリカのノースカロライナ州立大学ユニバーサルデザインセンターのロナルド・メイス氏によって、1985年に提唱されました。 バリアフリーとは違うの? ユニバーサルデザインがあらゆる利用者を対象にしているのに対し、バリアフリーは高齢者や身体障害者といった対象に限定した設計(デザイン)であることが、ユニバーサルデザインとバリアフリーの異なる点です。

    続きを読む
  • 印刷用紙の基礎知識と紙の紹介

    武田 知也

    印刷会社の紙見本なんかを見ていると、紙の種類の多さに驚きます。 今回はその中でも一般的によく使われている基本的な印刷用紙3種類と、アラベールやヴァンヌーボといったデザイナーに人気の印刷用紙3種類をご紹介します。 印刷用紙の種類や厚さなどの基礎知識も合わせて解説していますので参考にしてみてください。

    続きを読む