【オフセット印刷】と【オンデマンド印刷】の違いを解説

武田 知也

印刷会社に依頼する際に「オフセット印刷」と「オンデマンド印刷」どちらが良いのか迷った経験はありませんか?

今回はふたつの印刷方法の特性について解説していきます。印刷物や予算に合わせた最適な印刷方法を選べるよう、それぞれのメリット・デメリットを把握しておきましょう。

オフセット印刷とは

商業印刷の多くで使われるオフセット印刷

オフセット印刷とは、製版によって作成した「版」につけたインクを、「ブランケット」(柔らかいゴム製のローラー)と呼ばれる転写体で紙に転写(offset/オフセット)する印刷技術のことです。

オフセット印刷は版が直接印刷用紙に触れないため、摩擦が起こりにくく、安定した印刷品質大部数印刷が可能という特徴があります。

名前の由来

オフセット印刷の「オフセット」とは、オフ(離す)セット(付ける)という工程を表しています。
版→ブランケット (インクを)オフ
ブランケット→紙 (インクを)セット
と、インクを移し替えながら印刷することからこの名前がつきました。

オフセット印刷のメリット

・版を使用するため、安定した高品質
・写真やイラスト小さな文字など細部まで鮮明に表現可能
・大部数印刷に対応
・大部数印刷時は低コスト
・大きなサイズにも対応
・豊富な紙種
・多色印刷など使用できるインクに幅がある

オフセット印刷のデメリット

・製版コストがかかるため、少部数印刷時は高単価
・製版に時間がかかるため納期が長い
・小ロット向きではない

オンデマンド印刷とは

版を転写して印刷するオフセット印刷とは異なり、オンデマンド印刷では転写体を使わずに紙に直接印刷します。版を製版する作業がないため少部数・短納期に適した印刷方法です。
レーザー印刷やインクジェット式やトナー式など種類が多く、印刷物によって印刷機を使い分けています。

名前の由来

オンデマンド印刷の「オンデマンド」とは「on demand=要求に応じて」という意味です。
名前の通り必要な分だけ印刷を行うため、オフセット印刷とは異なり、少ない部数でも低コスト・短納期で印刷することができるのが特徴です。

オンデマンド印刷のメリット

・短納期
・少部数印刷に対応
・少部数印刷時に低コスト
・シールやステッカーなど印刷できる媒体の種類が豊富

オンデマンド印刷のデメリット

・オフセット印刷に比べて印刷品質が安定しない
・細かい文字や写真が滲むことがある
・モアレや粒子が目立つことがある
・大部数印刷時に印刷費が割高

オンデマンド印刷では印刷品質がデメリットとして挙げられることが多いですが、最新の印刷機は技術向上によって、かなり高品質な印刷物の作成も可能になってきました。
オンデマンド印刷機は印刷会社ごとに異なるため、印刷サンプルを取り寄せて確認しましょう。

オフレット印刷とオンデマンド印刷の比較

ふたつの印刷方法を表にまとめました。


オンデマンド印刷は上記のほか、Tシャツやトートバッグなどのグッズ印刷ができる印刷機もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一般的にはオフセット印刷のほうが細かい印刷もでき高品質とされていますが、オンデマンド印刷機の技術向上により現在はあまり品質に大きな差はなく、大部数の印刷にはオフセット印刷、少部数・短納期の場合はオンデマンド印刷というのが使い分けの基本になってきます。

印刷に関するお悩みは京都で40年、信頼と実績の「京都広告デザイン.com」にぜひ一度ご相談ください。

関連制作実績

関連コラム

  • SDGs入門|持続可能な社会のために印刷物にできること

    武田 知也

    SDGs(持続可能な開発目標/Sustainable Development Goals)とは、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓った、持続可能でよりよい世界を目指す国際目標のことです。 2015年に策定され、2030年までの長期目標として、17のゴール・169のターゲット(具体目標)から構成されています。 ニュースやメディアで取り上げられることも多くなり、耳にする機会も増えてきたのではないでしょうか?SDGs達成に向けて目標に取り組む企業・団体も多くなってきました。 あなたは17の目標のうち、いくつを知っていますか?         2021年現在、SDGsの目標達成期限である2030年まで10年を切りました。 あなたはこれらの目標すべてを2030年までに達成できると思いますか? もしその答えが「いいえ」なら、なぜ達成できないと感じたのかを一度考えてみてはいかがでしょうか。

    続きを読む
  • ユニバーサルデザイン入門|わかりやすい印刷物のつくり方

    武田 知也

    ユニバーサルデザイン(UD)とは「universal=普遍的な」の言葉が示す通り、文化・言語・国籍や年齢・性別・能力などの違いに関わらず、できるだけ多くの人が利用できることを目指した設計(デザイン)のことです。 建築物やその設備、製品や情報などさまざまな分野で取り組まれています。 ユニバールデザインの提唱者 アメリカのノースカロライナ州立大学ユニバーサルデザインセンターのロナルド・メイス氏によって、1985年に提唱されました。 バリアフリーとは違うの? ユニバーサルデザインがあらゆる利用者を対象にしているのに対し、バリアフリーは高齢者や身体障害者といった対象に限定した設計(デザイン)であることが、ユニバーサルデザインとバリアフリーの異なる点です。

    続きを読む
  • 印刷用紙の基礎知識と紙の紹介

    武田 知也

    印刷会社の紙見本なんかを見ていると、紙の種類の多さに驚きます。 今回はその中でも一般的によく使われている基本的な印刷用紙3種類と、アラベールやヴァンヌーボといったデザイナーに人気の印刷用紙3種類をご紹介します。 印刷用紙の種類や厚さなどの基礎知識も合わせて解説していますので参考にしてみてください。

    続きを読む