【オフセット印刷】と【オンデマンド印刷】の違いを解説

武田 知也

印刷会社に依頼する際に「オフセット印刷」と「オンデマンド印刷」どちらが良いのか迷った経験はありませんか?

今回はふたつの印刷方法の特性について解説していきます。印刷物や予算に合わせた最適な印刷方法を選べるよう、それぞれのメリット・デメリットを把握しておきましょう。

オフセット印刷とは

商業印刷の多くで使われるオフセット印刷

オフセット印刷とは、製版によって作成した「版」につけたインクを、「ブランケット」(柔らかいゴム製のローラー)と呼ばれる転写体で紙に転写(offset/オフセット)する印刷技術のことです。

オフセット印刷は版が直接印刷用紙に触れないため、摩擦が起こりにくく、安定した印刷品質大部数印刷が可能という特徴があります。

名前の由来

オフセット印刷の「オフセット」とは、オフ(離す)セット(付ける)という工程を表しています。
版→ブランケット (インクを)オフ
ブランケット→紙 (インクを)セット
と、インクを移し替えながら印刷することからこの名前がつきました。

オフセット印刷のメリット

・版を使用するため、安定した高品質
・写真やイラスト小さな文字など細部まで鮮明に表現可能
・大部数印刷に対応
・大部数印刷時は低コスト
・大きなサイズにも対応
・豊富な紙種
・多色印刷など使用できるインクに幅がある

オフセット印刷のデメリット

・製版コストがかかるため、少部数印刷時は高単価
・製版に時間がかかるため納期が長い
・小ロット向きではない

オンデマンド印刷とは

版を転写して印刷するオフセット印刷とは異なり、オンデマンド印刷では転写体を使わずに紙に直接印刷します。版を製版する作業がないため少部数・短納期に適した印刷方法です。
レーザー印刷やインクジェット式やトナー式など種類が多く、印刷物によって印刷機を使い分けています。

名前の由来

オンデマンド印刷の「オンデマンド」とは「on demand=要求に応じて」という意味です。
名前の通り必要な分だけ印刷を行うため、オフセット印刷とは異なり、少ない部数でも低コスト・短納期で印刷することができるのが特徴です。

オンデマンド印刷のメリット

・短納期
・少部数印刷に対応
・少部数印刷時に低コスト
・シールやステッカーなど印刷できる媒体の種類が豊富

オンデマンド印刷のデメリット

・オフセット印刷に比べて印刷品質が安定しない
・細かい文字や写真が滲むことがある
・モアレや粒子が目立つことがある
・大部数印刷時に印刷費が割高

オンデマンド印刷では印刷品質がデメリットとして挙げられることが多いですが、最新の印刷機は技術向上によって、かなり高品質な印刷物の作成も可能になってきました。
オンデマンド印刷機は印刷会社ごとに異なるため、印刷サンプルを取り寄せて確認しましょう。

オフレット印刷とオンデマンド印刷の比較

ふたつの印刷方法を表にまとめました。


オンデマンド印刷は上記のほか、Tシャツやトートバッグなどのグッズ印刷ができる印刷機もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一般的にはオフセット印刷のほうが細かい印刷もでき高品質とされていますが、オンデマンド印刷機の技術向上により現在はあまり品質に大きな差はなく、大部数の印刷にはオフセット印刷、少部数・短納期の場合はオンデマンド印刷というのが使い分けの基本になってきます。

印刷に関するお悩みは京都で40年、信頼と実績の「京都広告デザイン.com」にぜひ一度ご相談ください。

関連制作実績

  • 神社 プロモーションサイト制作・動画制作

    陰陽師・安倍晴明公を祀る、京都市上京区にある晴明神社のプロモーションサイト(郵送祈祷について)の制作をさせていただきました。 内なる悩み、願いを神様にお伝えする御祈祷は、御神前にお越しいただくのが本儀ですが、 「病気やけがでお参りが叶わない」 「遠くからでも晴明様にお願いしたい」 「遠方に住む親や子供の健康を祈りたい」 など、種々のご事情により御祈祷を受けられない方々のために、郵送等による御祈祷をお申込みいただける特設サイトを制作いたしました。 プロモーションサイト制作に合わせて、写真撮影と動画撮影を行いました。 動画は、YouTubeでもご覧いただけます。

    続きを読む
  • 公益社団法人 安全マニュアル

    「公益社団法人日本ボート協会」様の発刊する、「ローイング安全マニュアル2021」の制作・印刷を致しました。 ボートに関わる全ての方が、楽しく安全に競技に打ち込むための内容が盛り込まれています。 数年おきにリニューアルを繰り返し、常に最新の状態で皆様にお届けしております。 尚、本製品の詳細に関しては協会ホームページ内、「安全なローイング」をご参照くださいませ。

    続きを読む
  • 打楽器製造メーカー 製品カタログ

    マリンバ・シロフォン・グロッケン・ボックスフォン・オリジナル打楽器製造メーカー「株式会社こおろぎ社」様の製品カタログを制作いたしました。 色、質感がしっかり伝わるように、紙質や印刷方法にもこだわりをもって取り組ませていただいております。 【仕様】 ・A4 32ページ ・中綴じ製本 左綴じ

    続きを読む

関連コラム

  • HowTo 会社案内パンフレット|シーン別の制作事例と料金サンプル

    武田 知也

    「会社案内が古くなったから新しく作り直してほしい。」 「新卒向けにフレッシュな会社案内を作ってはどうだろうか。」 「今度の展示会で新規事業を盛り込んだ会社案内パンフレットが必要になった。」 あなたは会社案内の制作を担当することになりました。 今までのパンフレットは会社概要をまとめただけの簡単なものだけ。 何から手を付けていいのか分からない! 今回はそのような担当者に向けた、営業・採用・展示会、各シーン別に会社案内パンフレットに合った印刷デザインと弊社の制作事例をご紹介します。 会社概要を掲載するだけでは、会社の本質を伝えることはできません。 企業理念・コンセプト、ストーリー、ブランディングなどの手法を使い、会社案内を広報媒体としてうまく活用しましょう。

    続きを読む
  • 【フォントのはなし】明朝体とは?|定番&おすすめフォントの紹介

    武田 知也

    フォントの知識がない方でも「ゴシック体」と「明朝体」というふたつの書体の名前は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 フォントとは、本来「同じサイズで、書体デザインの同じ活字の一揃い」を指し、書籍やパンフレットなどの印刷物や、パソコン、スマホに表示される書体データのことです。ゴシック体と明朝体はその中でも代表的な書体です。 ゴシック体に引き続き、フォントのはなし第2回は「明朝体」についてです。 フォントはデザインの大部分を占める重要な要素です。フォントの知識を深めることで、印刷物やウェブサイトのデザインがより分かりやすくなります。

    続きを読む
  • 【フォントのはなし】ゴシック体とは?|定番&おすすめフォントの紹介

    武田 知也

    フォントの知識がない方でも「ゴシック体」と「明朝体」というふたつの書体の名前は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 フォントとは、本来「同じサイズで、書体デザインの同じ活字の一揃い」を指し、書籍やパンフレットなどの印刷物や、パソコン、スマホに表示される書体データのことです。ゴシック体と明朝体はその中でも代表的な書体です。 フォントは種類も多く、使い方ひとつでデザインのクオリティが変わってくるため、扱いが難しく、ついデザイナーに任せがちなことも多いのではないでしょうか? 今回は実際のフォントを見ながらフォント初心者向けに解説していきます。 フォントのはなし第1回は「ゴシック体」についてです。

    続きを読む

お問い合わせ

075-812-4459 受付時間/8:45〜17:45 土・日・祝日休

受付時間/8:45〜17:45 土・日・祝日休
株式会社テイスト(運営会社)