【オフセット印刷】と【オンデマンド印刷】の違いを解説

武田 知也

印刷会社に依頼する際に「オフセット印刷」と「オンデマンド印刷」どちらが良いのか迷った経験はありませんか?

今回はふたつの印刷方法の特性について解説していきます。印刷物や予算に合わせた最適な印刷方法を選べるよう、それぞれのメリット・デメリットを把握しておきましょう。

オフセット印刷とは

商業印刷の多くで使われるオフセット印刷

オフセット印刷とは、製版によって作成した「版」につけたインクを、「ブランケット」(柔らかいゴム製のローラー)と呼ばれる転写体で紙に転写(offset/オフセット)する印刷技術のことです。

オフセット印刷は版が直接印刷用紙に触れないため、摩擦が起こりにくく、安定した印刷品質大部数印刷が可能という特徴があります。

名前の由来

オフセット印刷の「オフセット」とは、オフ(離す)セット(付ける)という工程を表しています。
版→ブランケット (インクを)オフ
ブランケット→紙 (インクを)セット
と、インクを移し替えながら印刷することからこの名前がつきました。

オフセット印刷のメリット

・版を使用するため、安定した高品質
・写真やイラスト小さな文字など細部まで鮮明に表現可能
・大部数印刷に対応
・大部数印刷時は低コスト
・大きなサイズにも対応
・豊富な紙種
・多色印刷など使用できるインクに幅がある

オフセット印刷のデメリット

・製版コストがかかるため、少部数印刷時は高単価
・製版に時間がかかるため納期が長い
・小ロット向きではない

オンデマンド印刷とは

版を転写して印刷するオフセット印刷とは異なり、オンデマンド印刷では転写体を使わずに紙に直接印刷します。版を製版する作業がないため少部数・短納期に適した印刷方法です。
レーザー印刷やインクジェット式やトナー式など種類が多く、印刷物によって印刷機を使い分けています。

名前の由来

オンデマンド印刷の「オンデマンド」とは「on demand=要求に応じて」という意味です。
名前の通り必要な分だけ印刷を行うため、オフセット印刷とは異なり、少ない部数でも低コスト・短納期で印刷することができるのが特徴です。

オンデマンド印刷のメリット

・短納期
・少部数印刷に対応
・少部数印刷時に低コスト
・シールやステッカーなど印刷できる媒体の種類が豊富

オンデマンド印刷のデメリット

・オフセット印刷に比べて印刷品質が安定しない
・細かい文字や写真が滲むことがある
・モアレや粒子が目立つことがある
・大部数印刷時に印刷費が割高

オンデマンド印刷では印刷品質がデメリットとして挙げられることが多いですが、最新の印刷機は技術向上によって、かなり高品質な印刷物の作成も可能になってきました。
オンデマンド印刷機は印刷会社ごとに異なるため、印刷サンプルを取り寄せて確認しましょう。

オフレット印刷とオンデマンド印刷の比較

ふたつの印刷方法を表にまとめました。


オンデマンド印刷は上記のほか、Tシャツやトートバッグなどのグッズ印刷ができる印刷機もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一般的にはオフセット印刷のほうが細かい印刷もでき高品質とされていますが、オンデマンド印刷機の技術向上により現在はあまり品質に大きな差はなく、大部数の印刷にはオフセット印刷、少部数・短納期の場合はオンデマンド印刷というのが使い分けの基本になってきます。

印刷に関するお悩みは京都で40年、信頼と実績の「京都広告デザイン.com」にぜひ一度ご相談ください。

関連制作実績

  • 【東京五輪NZL代表事前合宿ドローン空撮:Rowing】

    2021年7月13日~17日、ニュージーランドRowing代表チームの東京五輪事前合宿において男子エイトのドローン撮影を行いました。 男子エイトは、東京五輪にて金メダルを獲得。 世界最速のRowingを、ぜひご覧ください。 *ニュージーランドはボート競技において、金メダル3つ、銀メダル2つ。世界で最も受賞したチームです。

    続きを読む
  • リサイクルショップ 販促用チラシ

    京都市上京区のリサイクルショップの販促用チラシを制作いたしました。 地域の方にお渡しするため、堅苦しいものではなく、 イラストタッチであたたかいデザインに仕上げてほしい。 と、担当者様よりご依頼いただき、イメージ通りの雰囲気に仕上げています。 【仕様】 ・A5チラシ

    続きを読む
  • 大学ボート部 ポスター

    大学のスポーツチームのポスターを制作いたしました。 インターハイ出場選手へ向けてのポスター制作ということでご依頼いただきました。 毎年春には、入学制向けのポスター制作も行っておりましたが、それとは制作コンセプトが全く異なりましたので、 どのような方に、どのような内容を伝えていきたいのかを話し合いました。 特に、「競技経験者向けであるため、全面的に競技を押し出す内容でなく、チームの雰囲気を重視した内容にしたい」、 という担当者のイメージを重視し、チームの魅力がしっかり伝えられるようデザインを仕上げていきました。 【仕様】 ・A1ポスター

    続きを読む

関連コラム

  • 印刷用画像補正の基本・初級編【明るさ・色調補正・傾き・解像度】 

    武田 知也

    スマートフォンを使うようになってからというもの、アプリを使ったフィルター加工やレタッチをすることが日常的になってきました。 しかし、ディスプレイでは美しく見える写真が、印刷してみると思い通りに行かなかったことはないでしょうか?実際にPhotoshopなどの画像補正の経験がある方ほど、印刷用の画像補正の難しさを知っているように思います。 今回はAdobe Photoshopを使った印刷に適した画像補正を作業順に解説していきます。 補正前 補正後 作例として白背景のカフェ写真を用意しました。 色調補正前の画像は全体的に暗く、背景も青みがかっています。これを補正後のように明るく、メリハリのある画像に補正していきます。

    続きを読む
  • DTP・印刷業界でよく使われる専門用語辞典

    武田 知也

    デザイナーや印刷会社の間でよく使われているDTP・印刷に関する専門用語を解説します。専門用語を覚えると修正や指示出しの際にとても便利です。専門職以外の方でも使う機会の多い用語をピックアップしました。

    続きを読む
  • SDGs入門|持続可能な社会のために印刷物にできること

    武田 知也

    SDGs(持続可能な開発目標/Sustainable Development Goals)とは、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓った、持続可能でよりよい世界を目指す国際目標のことです。 2015年に策定され、2030年までの長期目標として、17のゴール・169のターゲット(具体目標)から構成されています。 ニュースやメディアで取り上げられることも多くなり、耳にする機会も増えてきたのではないでしょうか?SDGs達成に向けて目標に取り組む企業・団体も多くなってきました。 あなたは17の目標のうち、いくつを知っていますか?         2021年現在、SDGsの目標達成期限である2030年まで10年を切りました。 あなたはこれらの目標すべてを2030年までに達成できると思いますか? もしその答えが「いいえ」なら、なぜ達成できないと感じたのかを一度考えてみてはいかがでしょうか。

    続きを読む