画像を印刷したら色が変った?そのわけはRGBとCMYKの違いかも

武田 知也

イラストを描いて印刷してみたら何故か画面で見ている感じにならない!
せっかく綺麗な写真を撮ったのに印刷すると何か違う!

皆さんも印刷でこのような経験をしたことがありませんか?

うーん・・・どうしてこのような現象が起こるのでしょうか。
もしかしてパソコンが壊れているのか?
はたまたプリンターのせいなのか?

と昔の私のように疑心暗鬼になっていませんか?
安心してください。あなたのパソコンは正常です。
(赤色が青色に変化しているなどの劇的な変化は故障を疑った方がいいですが・・・)

なぜこの様な不可解な現象が起こるのでしょうか?
それは、ずばり!【RGBカラー】と【CMYKカラー】の違いだったのです。

【RGBカラー】【CMYKカラー】は何が違うのでしょうか?

簡単に言えば、暗闇でも色が見えるか見えないかです。
ちなみに【RGBカラー】が暗闇でも見ることが出来て
【CMYKカラー】は暗闇では見えません。

なぞなぞではありませんよ(笑)

暗闇でも見えるものといえば光。
私たちの身の回りで光を発しているものといえば・・・

そう、今私たちが目にしているPC・スマホ・テレビの画面=液晶です。
これらの液晶で表示されているのが【RGBカラー】なのです。

逆に暗闇で見えないものといえば光を発していないもの。
たとえば、今回の記事に関連させると紙などに印刷された本やチラシの色などです。
こちらには【CMYKカラー】が使われています。

印刷と画面で色が変わる原因

勘の良い方は気がついたかも知れません。
そうです【RGBカラー】と【CMYKカラー】の違いは

色がのるキャンバスの違いなのです!!

光のキャンバスに色がのっている状態の画像
(パソコンで描いたイラストやスマホで撮った写真)は
キャンバスが発光しているので明るく鮮やかに色が出ますが、
それを光っていないキャンバス(紙など)で同じように鮮やかな表現は出来ないのです。

だから、画像を印刷すると色がくすんでしまうという現象が起こるのです!
下の画像を比べてみてください。

何と!こんなにも色が変わってしまいます!!

まとめ

・【RGBカラー】はPC・スマホの液晶画面で映し出される光の色
・【CMYKカラー】は紙などのインクで再現出来る色

色数も【RGBカラー】が1677万色で
【CMYKカラー】がざっくり言えば1万〜2万色程度なのです。
従って、色数の多い【RGBカラー】を色数の少ない【CMYKカラー】では
完全に表現が出来ません。
そのため適切なカラーモードに設定していないと、印刷した時に色が変わってしまうのです。

関連制作実績

  • 【東京五輪NZL代表事前合宿ドローン空撮:Rowing】

    2021年7月13日~17日、ニュージーランドRowing代表チームの東京五輪事前合宿において男子エイトのドローン撮影を行いました。 男子エイトは、東京五輪にて金メダルを獲得。 世界最速のRowingを、ぜひご覧ください。 *ニュージーランドはボート競技において、金メダル3つ、銀メダル2つ。世界で最も受賞したチームです。

    続きを読む
  • リサイクルショップ 販促用チラシ

    京都市上京区のリサイクルショップの販促用チラシを制作いたしました。 地域の方にお渡しするため、堅苦しいものではなく、 イラストタッチであたたかいデザインに仕上げてほしい。 と、担当者様よりご依頼いただき、イメージ通りの雰囲気に仕上げています。 【仕様】 ・A5チラシ

    続きを読む
  • 大学ボート部 ポスター

    大学のスポーツチームのポスターを制作いたしました。 インターハイ出場選手へ向けてのポスター制作ということでご依頼いただきました。 毎年春には、入学制向けのポスター制作も行っておりましたが、それとは制作コンセプトが全く異なりましたので、 どのような方に、どのような内容を伝えていきたいのかを話し合いました。 特に、「競技経験者向けであるため、全面的に競技を押し出す内容でなく、チームの雰囲気を重視した内容にしたい」、 という担当者のイメージを重視し、チームの魅力がしっかり伝えられるようデザインを仕上げていきました。 【仕様】 ・A1ポスター

    続きを読む

関連コラム

  • 印刷用画像補正の基本・初級編【明るさ・色調補正・傾き・解像度】 

    武田 知也

    スマートフォンを使うようになってからというもの、アプリを使ったフィルター加工やレタッチをすることが日常的になってきました。 しかし、ディスプレイでは美しく見える写真が、印刷してみると思い通りに行かなかったことはないでしょうか?実際にPhotoshopなどの画像補正の経験がある方ほど、印刷用の画像補正の難しさを知っているように思います。 今回はAdobe Photoshopを使った印刷に適した画像補正を作業順に解説していきます。 補正前 補正後 作例として白背景のカフェ写真を用意しました。 色調補正前の画像は全体的に暗く、背景も青みがかっています。これを補正後のように明るく、メリハリのある画像に補正していきます。

    続きを読む
  • DTP・印刷業界でよく使われる専門用語辞典

    武田 知也

    デザイナーや印刷会社の間でよく使われているDTP・印刷に関する専門用語を解説します。専門用語を覚えると修正や指示出しの際にとても便利です。専門職以外の方でも使う機会の多い用語をピックアップしました。

    続きを読む
  • SDGs入門|持続可能な社会のために印刷物にできること

    武田 知也

    SDGs(持続可能な開発目標/Sustainable Development Goals)とは、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓った、持続可能でよりよい世界を目指す国際目標のことです。 2015年に策定され、2030年までの長期目標として、17のゴール・169のターゲット(具体目標)から構成されています。 ニュースやメディアで取り上げられることも多くなり、耳にする機会も増えてきたのではないでしょうか?SDGs達成に向けて目標に取り組む企業・団体も多くなってきました。 あなたは17の目標のうち、いくつを知っていますか?         2021年現在、SDGsの目標達成期限である2030年まで10年を切りました。 あなたはこれらの目標すべてを2030年までに達成できると思いますか? もしその答えが「いいえ」なら、なぜ達成できないと感じたのかを一度考えてみてはいかがでしょうか。

    続きを読む