人も広告も第一印象で決まる!印刷物の表紙の重要性

武田 知也

パンフレットやリーフレット、フライヤー、ポスター、DMなどなど
広告っていっぱいありますよね。

…ありますので、

いちいち全部見て覚えるのって、無理ですよね?

今の時代、目に飛び込んでくる情報をひとつひとつじっくり見て
読んで理解するなんて、いくつ目と耳があっても足りないじゃないですか。

でも私たちだってバカではありませんから!
一切全く何にも情報を見てないわけではありません。

人は無意識のうちに情報を選別し、
その中からいくつかだけを記憶しているのだと思います。

では、人はどんな基準でその選別を行っているのでしょうか?

それは、広告の情報が
自分にとって「興味のあるもの」であるかと「必要」であるかどうかです。

興味のないものやおもしろくないもの、必要でないものは
まぁ良くても「見ても3日後には忘れるもの」に選別されます。
これでは広告物の意味がありませんよね。

見てもらう、印象に残ってもらうためには?

さて、どうしたら3日後に忘れられない広告物を作れるのでしょうか?

それは、“表紙をインパクトのあるものにする”です。

第一印象は見た目で決まる、とよく言われますが、その通りです。
広告物も第一印象で勝負なのです。

表紙で「お?なんだろう?」と興味を持ってもらえたら、
印象に残る確率がグンと上がります。

つまり、表紙を良いものにすることが
お客様の目を惹き、印象に残るものを作るために必要なことです。

表紙は文字だけより写真やイラストがついている方が見易い

長い文章って、少し抵抗感がありますよね…。
「読むの難しそう…やだな…」って思う方もいると思います。

しかし、同じ内容でも写真とかイラストが付けられていると、
「私でも読めそう!」と、少しでも興味を持たせることが出来るのです。

親しみやすさが一気にあがり、見易くなりましたね。

表紙に使う画像を選ぶときのポイント

・伝えたい情報に関連した、雰囲気のいい画像を選ぶ
・見せたいもの・目的が明確になっていること

まず、ペットショップなら動物、旅行会社なら飛行機など乗り物…のように、
表紙には事業内容やサービス内容に関連した画像を使うと良いでしょう。

お店のコンセプトを表した画像や、商品やサービスなどの画像も良いですね。

ただ関連した画像を使えば良い、ということではなく
画像の雰囲気を演出・加工することも必要になってきます。

その中で、最も伝えたい事を上手く表現出来ている画像を選ぶべきなのです。
そのためには見せたいものとどう伝えたいかをはっきりさせましょう。

どんな写真が良いの?

・一番推したい商品は紙の半分を占める勢いで大きく載せる
・ピントを合わせて背景をぼかす
・配置を工夫する

これらは効果的ですね。
視線が分散してしまうと、理解するのに時間がかかってしまいます。

広告を見ている人の視線をどこに持っていけばいいか誘導してあげましょう。
パッと見たときにどこを見ていいか分かるような画像だと
伝わりやすいですし、受け入れてもらえるでしょう。

まとめ

表紙には情報を詰め込みすぎず、出来るだけ簡潔にするほうが良いでしょう。
表紙は広告の顔ですから、力を入れたいところですね。

関連制作実績

  • 公益社団法人 安全マニュアル

    「公益社団法人日本ボート協会」様の発刊する、「ローイング安全マニュアル2021」の制作・印刷を致しました。 ボートに関わる全ての方が、楽しく安全に競技に打ち込むための内容が盛り込まれています。 数年おきにリニューアルを繰り返し、常に最新の状態で皆様にお届けしております。 尚、本製品の詳細に関しては協会ホームページ内、「安全なローイング」をご参照くださいませ。

    続きを読む
  • 打楽器製造メーカー 製品カタログ

    マリンバ・シロフォン・グロッケン・ボックスフォン・オリジナル打楽器製造メーカー「株式会社こおろぎ社」様の製品カタログを制作いたしました。 色、質感がしっかり伝わるように、紙質や印刷方法にもこだわりをもって取り組ませていただいております。 【仕様】 ・A4 32ページ ・中綴じ製本 左綴じ

    続きを読む
  • 大学ボート部 新入生向けパンフレット

    大学のスポーツチームの新人勧誘用のパンフレットを制作いたしました。 毎年工夫を凝らし、企画・デザインをグレードアップして制作させていただいています。 コロナウイルスの影響で、思うように新入部員の獲得ができなかった昨年度を乗り越えて、多くの新入生にアピールしたい!! そのアツい想いを、目一杯詰め込んだ一冊にデザインいたしました。 【仕様】 ・A4 24ページ ・中綴じ製本 左綴じ

    続きを読む

関連コラム

  • HowTo 会社案内パンフレット|シーン別の制作事例と料金サンプル

    武田 知也

    「会社案内が古くなったから新しく作り直してほしい。」 「新卒向けにフレッシュな会社案内を作ってはどうだろうか。」 「今度の展示会で新規事業を盛り込んだ会社案内パンフレットが必要になった。」 あなたは会社案内の制作を担当することになりました。 今までのパンフレットは会社概要をまとめただけの簡単なものだけ。 何から手を付けていいのか分からない! 今回はそのような担当者に向けた、営業・採用・展示会、各シーン別に会社案内パンフレットに合った印刷デザインと弊社の制作事例をご紹介します。 会社概要を掲載するだけでは、会社の本質を伝えることはできません。 企業理念・コンセプト、ストーリー、ブランディングなどの手法を使い、会社案内を広報媒体としてうまく活用しましょう。

    続きを読む
  • 【フォントのはなし】明朝体とは?|定番&おすすめフォントの紹介

    武田 知也

    フォントの知識がない方でも「ゴシック体」と「明朝体」というふたつの書体の名前は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 フォントとは、本来「同じサイズで、書体デザインの同じ活字の一揃い」を指し、書籍やパンフレットなどの印刷物や、パソコン、スマホに表示される書体データのことです。ゴシック体と明朝体はその中でも代表的な書体です。 ゴシック体に引き続き、フォントのはなし第2回は「明朝体」についてです。 フォントはデザインの大部分を占める重要な要素です。フォントの知識を深めることで、印刷物やウェブサイトのデザインがより分かりやすくなります。

    続きを読む
  • 【フォントのはなし】ゴシック体とは?|定番&おすすめフォントの紹介

    武田 知也

    フォントの知識がない方でも「ゴシック体」と「明朝体」というふたつの書体の名前は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 フォントとは、本来「同じサイズで、書体デザインの同じ活字の一揃い」を指し、書籍やパンフレットなどの印刷物や、パソコン、スマホに表示される書体データのことです。ゴシック体と明朝体はその中でも代表的な書体です。 フォントは種類も多く、使い方ひとつでデザインのクオリティが変わってくるため、扱いが難しく、ついデザイナーに任せがちなことも多いのではないでしょうか? 今回は実際のフォントを見ながらフォント初心者向けに解説していきます。 フォントのはなし第1回は「ゴシック体」についてです。

    続きを読む

お問い合わせ

075-812-4459 受付時間/8:45〜17:45 土・日・祝日休

受付時間/8:45〜17:45 土・日・祝日休
株式会社テイスト(運営会社)