人も広告も第一印象で決まる!印刷物の表紙の重要性

武田 知也

パンフレットやリーフレット、フライヤー、ポスター、DMなどなど
広告っていっぱいありますよね。

…ありますので、

いちいち全部見て覚えるのって、無理ですよね?

今の時代、目に飛び込んでくる情報をひとつひとつじっくり見て
読んで理解するなんて、いくつ目と耳があっても足りないじゃないですか。

でも私たちだってバカではありませんから!
一切全く何にも情報を見てないわけではありません。

人は無意識のうちに情報を選別し、
その中からいくつかだけを記憶しているのだと思います。

では、人はどんな基準でその選別を行っているのでしょうか?

それは、広告の情報が
自分にとって「興味のあるもの」であるかと「必要」であるかどうかです。

興味のないものやおもしろくないもの、必要でないものは
まぁ良くても「見ても3日後には忘れるもの」に選別されます。
これでは広告物の意味がありませんよね。

見てもらう、印象に残ってもらうためには?

さて、どうしたら3日後に忘れられない広告物を作れるのでしょうか?

それは、“表紙をインパクトのあるものにする”です。

第一印象は見た目で決まる、とよく言われますが、その通りです。
広告物も第一印象で勝負なのです。

表紙で「お?なんだろう?」と興味を持ってもらえたら、
印象に残る確率がグンと上がります。

つまり、表紙を良いものにすることが
お客様の目を惹き、印象に残るものを作るために必要なことです。

表紙は文字だけより写真やイラストがついている方が見易い

長い文章って、少し抵抗感がありますよね…。
「読むの難しそう…やだな…」って思う方もいると思います。

しかし、同じ内容でも写真とかイラストが付けられていると、
「私でも読めそう!」と、少しでも興味を持たせることが出来るのです。

親しみやすさが一気にあがり、見易くなりましたね。

表紙に使う画像を選ぶときのポイント

・伝えたい情報に関連した、雰囲気のいい画像を選ぶ
・見せたいもの・目的が明確になっていること

まず、ペットショップなら動物、旅行会社なら飛行機など乗り物…のように、
表紙には事業内容やサービス内容に関連した画像を使うと良いでしょう。

お店のコンセプトを表した画像や、商品やサービスなどの画像も良いですね。

ただ関連した画像を使えば良い、ということではなく
画像の雰囲気を演出・加工することも必要になってきます。

その中で、最も伝えたい事を上手く表現出来ている画像を選ぶべきなのです。
そのためには見せたいものとどう伝えたいかをはっきりさせましょう。

どんな写真が良いの?

・一番推したい商品は紙の半分を占める勢いで大きく載せる
・ピントを合わせて背景をぼかす
・配置を工夫する

これらは効果的ですね。
視線が分散してしまうと、理解するのに時間がかかってしまいます。

広告を見ている人の視線をどこに持っていけばいいか誘導してあげましょう。
パッと見たときにどこを見ていいか分かるような画像だと
伝わりやすいですし、受け入れてもらえるでしょう。

まとめ

表紙には情報を詰め込みすぎず、出来るだけ簡潔にするほうが良いでしょう。
表紙は広告の顔ですから、力を入れたいところですね。

関連制作実績

関連コラム

  • 【RGBとCMYK解説】なぜ入稿データはCMYKでないといけないのか

    武田 知也

    「入稿データはCMYKでお願いします。」 と印刷所から言われたけれど、CMYKって何のこと? 「この写真はRGBだからCMYKに変換しないと正しい色で印刷できない。」って聞いたけれど、正しい色ってどういうこと?など、CMYKや印刷の色について疑問に感じ、難しく思った事はありませんか? ここでは「RGB」と「CMYK」ふたつのカラーモードについての詳しい説明と、なぜCMYKで入稿データを作成するのかについて、わかりやすく解説していきます。

    続きを読む
  • 紙媒体による感覚マーケティングとは?

    武田 知也

    買い物にいった時、手に取った商品を購入する決め手は何でしょうか? 価格、デザイン、利便性、流行、インターネットの口コミが良かったから。様々な項目が思い浮 かびますが、最後の決め手となったのは「なんとなくこちらのほうが良さそう」といった「感覚」による判断だったことはないでしょうか? 市場の成熟に伴い製品やサービスの差別化がより一層難しくなる中において、消費者の「感覚」を考えることは今後ますます重要になってきます。 「視覚」「聴覚」「嗅覚」「味覚」「感覚」 五感への刺激をうまく取り込み、消費者にポジティブな影響を与えること。この消費者の「感覚」に注目したのが「感覚マーケティング」です。

    続きを読む
  • A?B?意外に知らない「紙」のサイズ

    武田 知也

    現在、身近な紙のサイズはJIS規格によって決められています。 最もポピュラーなサイズは、プリンターなどで使われるA4判ではないでしょうか? 「判」とは「判型」の略で、紙のサイズそのものを表す用語です。 A+数で表されるグループはA列と呼ばれ、A1(594×841)を基準にしています。 A1を半分にするとA2、A2を半分にするとA3、さらに半分にするとA4となっていきます。 このような関係がAグループで、国際規格にも採用されています。 さて、もう1つグループがあります。週刊少年誌などでなじみ深いB5判の属するグループです。 B+数で表されるグループはB列と呼ばれ、B1(728×1085)を基準にしています。 A列と同様、B1を半分にするとB2、B2を半分にするとB3、さらに半分にするとB4となっていきます。 このような関係がBグループで、江戸時代の美濃紙サイズに由来した国内規格です。 それぞれを見比べるとお分かりのようにA判よりもB判の方が一回り大きいことも特徴です。 どのような印刷物を作るかによって、最適な印刷用紙サイズが変わってきますので、あらかじめサイズ表を基準にされてみてはいかがでしょうか?

    続きを読む

お問い合わせ

075-812-4459 受付時間/8:45〜17:45 土・日・祝日休

受付時間/8:45〜17:45 土・日・祝日休
株式会社テイスト(運営会社)