飲食店(中華料理) オープンチラシ・店内メニュー・写真撮影

美しく高級感のあるデザイン

新規オープンする中国料理知食府さまのチラシと店内メニューを制作いたしました。黒と赤を基調とし、美しく高級感のあるビジュアルにこだわったデザインとしました。
写真は全て撮影し、目をひかれるように大きく両面にレイアウトをしました。

黒を基調とした高級感のあるチラシ

ポスティングや手配りによるチラシ配布で効果を発揮し、チラシを見て来店や予約をしてくださったお客様が多く、大変好評でしたとのお声をいただきました。

美しい写真とシンプルなデザインにこだわったメニューブック

新規オープンのメニューブックを制作いたしました。黒を基調としつつ、中国のイメージカラーである”赤”を組み合わせ、シンプルかつ高級感のあるデザインとしました。また、料理写真は1枚1枚全て撮影を行い、メニューを見て頂く方の誰の目にも留まりやすいよう、大きく・大胆にレイアウトをしました。

お客様からも「メニューが綺麗で見やすい」という言葉をいただき、とても好評とのことでした。

京都広告デザイン.comでは様々な店舗のオープンツールも制作させて頂いております。お気軽にお問い合わせください。

プロジェクト概要

クライアント名 知食府
クライアント所在地 京都
URL https://chisyokufu.gorp.jp/

関連制作実績

関連コラム

  • 印刷用画像補正の基本・初級編【明るさ・色調補正・傾き・解像度】 

    武田 知也

    スマートフォンを使うようになってからというもの、アプリを使ったフィルター加工やレタッチをすることが日常的になってきました。 しかし、ディスプレイでは美しく見える写真が、印刷してみると思い通りに行かなかったことはないでしょうか?実際にPhotoshopなどの画像補正の経験がある方ほど、印刷用の画像補正の難しさを知っているように思います。 今回はAdobe Photoshopを使った印刷に適した画像補正を作業順に解説していきます。 補正前 補正後 作例として白背景のカフェ写真を用意しました。 色調補正前の画像は全体的に暗く、背景も青みがかっています。これを補正後のように明るく、メリハリのある画像に補正していきます。

    続きを読む
  • DTP・印刷業界でよく使われる専門用語辞典

    武田 知也

    デザイナーや印刷会社の間でよく使われているDTP・印刷に関する専門用語を解説します。専門用語を覚えると修正や指示出しの際にとても便利です。専門職以外の方でも使う機会の多い用語をピックアップしました。

    続きを読む
  • SDGs入門|持続可能な社会のために印刷物にできること

    武田 知也

    SDGs(持続可能な開発目標/Sustainable Development Goals)とは、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓った、持続可能でよりよい世界を目指す国際目標のことです。 2015年に策定され、2030年までの長期目標として、17のゴール・169のターゲット(具体目標)から構成されています。 ニュースやメディアで取り上げられることも多くなり、耳にする機会も増えてきたのではないでしょうか?SDGs達成に向けて目標に取り組む企業・団体も多くなってきました。 あなたは17の目標のうち、いくつを知っていますか?         2021年現在、SDGsの目標達成期限である2030年まで10年を切りました。 あなたはこれらの目標すべてを2030年までに達成できると思いますか? もしその答えが「いいえ」なら、なぜ達成できないと感じたのかを一度考えてみてはいかがでしょうか。

    続きを読む