ケーキ屋 オープンツール・チラシ・ポスター

オープン販促ツールで集客効果を最大化!

開店に向けて、開店告知チラシ・挨拶状・ポスターなどの販促ツールや、メニュー・ポイントカード・ショップカードなど、一式の制作に関わらせていただきました。近くを歩く人に目を留めてもらいやすいビルの外観を利用し、シンプルでありながらも際立つデザインとしました。

オープン当日はたくさんのお客様で賑い、販促ツールとしての効果を最大限発揮しました。

プロジェクト概要

クライアント名 サンスクルール

関連制作実績

  • リサイクルショップ 販促用チラシ

    京都市上京区のリサイクルショップの販促用チラシを制作いたしました。 地域の方にお渡しするため、堅苦しいものではなく、 イラストタッチであたたかいデザインに仕上げてほしい。 と、担当者様よりご依頼いただき、イメージ通りの雰囲気に仕上げています。 【仕様】 ・A5チラシ

    続きを読む
  • 大学ボート部 ポスター

    大学のスポーツチームのポスターを制作いたしました。 インターハイ出場選手へ向けてのポスター制作ということでご依頼いただきました。 毎年春には、入学制向けのポスター制作も行っておりましたが、それとは制作コンセプトが全く異なりましたので、 どのような方に、どのような内容を伝えていきたいのかを話し合いました。 特に、「競技経験者向けであるため、全面的に競技を押し出す内容でなく、チームの雰囲気を重視した内容にしたい」、 という担当者のイメージを重視し、チームの魅力がしっかり伝えられるようデザインを仕上げていきました。 【仕様】 ・A1ポスター

    続きを読む
  • 食肉小売業 ギフトカタログ・店内チラシ

    黒毛和牛・丹波牛の「株式会社 いづつ屋」様の夏カタログと、チラシ制作を行いました。 前回までのデザインイメージを大切にしつつ、黒を基調とした高級感に加え、夏ギフトらしい爽やかな印象を盛り込んだデザインに仕上げました。 カタログを受け取られた方が、思わず笑顔になるよう想いを込めています。

    続きを読む

関連コラム

  • SDGs入門|持続可能な社会のために印刷物にできること

    武田 知也

    SDGs(持続可能な開発目標/Sustainable Development Goals)とは、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓った、持続可能でよりよい世界を目指す国際目標のことです。 2015年に策定され、2030年までの長期目標として、17のゴール・169のターゲット(具体目標)から構成されています。 ニュースやメディアで取り上げられることも多くなり、耳にする機会も増えてきたのではないでしょうか?SDGs達成に向けて目標に取り組む企業・団体も多くなってきました。 あなたは17の目標のうち、いくつを知っていますか?         2021年現在、SDGsの目標達成期限である2030年まで10年を切りました。 あなたはこれらの目標すべてを2030年までに達成できると思いますか? もしその答えが「いいえ」なら、なぜ達成できないと感じたのかを一度考えてみてはいかがでしょうか。

    続きを読む
  • ユニバーサルデザイン入門|わかりやすい印刷物のつくり方

    武田 知也

    ユニバーサルデザイン(UD)とは「universal=普遍的な」の言葉が示す通り、文化・言語・国籍や年齢・性別・能力などの違いに関わらず、できるだけ多くの人が利用できることを目指した設計(デザイン)のことです。 建築物やその設備、製品や情報などさまざまな分野で取り組まれています。 ユニバールデザインの提唱者 アメリカのノースカロライナ州立大学ユニバーサルデザインセンターのロナルド・メイス氏によって、1985年に提唱されました。 バリアフリーとは違うの? ユニバーサルデザインがあらゆる利用者を対象にしているのに対し、バリアフリーは高齢者や身体障害者といった対象に限定した設計(デザイン)であることが、ユニバーサルデザインとバリアフリーの異なる点です。

    続きを読む
  • テレワークに名刺は必要?ビジネス名刺のメリットと基本ルール解説

    武田 知也

    リモートになって名刺は不要になった? コロナ禍の影響でZoomなどを使ったWeb会議が一般的になり、名刺交換をする機会が減ってきたと感じる方も多いのではないでしょうか。 コロナ禍前のビジネスシーンでは当たり前だった名刺交換はなくなり、今後ビジネスにおいて名刺は不必要なツールになっていくのでしょうか? 名刺は身分証 名刺に対しては以前より、紙の無駄遣い、管理するのが手間、SNSがあるから必要ない、など「名刺不要説」を唱える方も一部にはいます。 確かに名刺がなくても、SNSなどを活用すれば連絡を取る方法は他にも存在します。 しかし名刺交換の機会が減って以降、 ・Web会議の議事録を書く際に会議に参加していた方の名前の漢字がわからない ・書類を送るのにどの営業所に送っていいのかわからない ・再度連絡を取りたいと思っていた相手のメールアドレスがわからない といった問題が度々起こることはないでしょうか。 名刺はビジネスを行う上で必要な情報が掲載された、身分証代わりになっているのです。今後はたとえWeb会議であっても、オンライン上でデータ化された名刺を渡すのもひとつの手段として考えられます。 名前、住所など基本情報以外にメールアドレス、SNSアカウント、ウェブサイト等情報が多義に渡る今こそ名刺は有用なツールです。 また、人は感覚的に紙媒体の名刺に信頼感や安心感を感じます。 紙媒体による感覚マーケティングとは?

    続きを読む