パンフレット制作おすすめデザイン 制作実績5選のご紹介

武田 知也

会社案内や製品案内、ガイドブックなどのパンフレットは、制作する機会の多い印刷物です。
チラシやDMに比べてページ数も多くデザイン形状も多種多様なため、どこから手をつけていいか分からない制作担当者も多いのではないでしょうか?

今回は、京都広告デザイン.comの制作実績からパンフレットにおすすめのデザインをご紹介させていただきます。

会社案内パンフレットの制作実績

中綴じ製本会社案内

福島SiC応用技研株式会社

中綴じ8ページ+挟み込みA4変形

見開きをたっぷり使ったデザインが特徴的な会社案内です。会社概要はA4変形ペラを挟み込み型になっています。
中綴じ8ページは表紙と裏表紙も含むため、中面は6ページになります。

印刷加工紹介
【中綴じ製本】
中綴じ製本は二つ折りした用紙の中央を針金で留める製本方法です。パンフレットのほか、マニュアルやセミナー資料などに適した製本です。冊子印刷の中では価格も手頃です。
表紙も一緒に重ね留めるため、表紙・裏表紙もページ数に含みます。最低ページ数は4ページから最大40ページ程度までで、それ以上になると無線綴じという製本方法が適切です。

フォルダ型会社案内

株式会社トレンタ

A4サイズ/表紙:PP加工+金箔押し

ポケットフォルダに差し込み式の会社案内は、修正や新規ページの追加に便利な形状です。パンフレットを渡す相手によって、内容を変えたい場合にも対応できるため、フレキシブルなパンフレットを作成する場合におすすめです。

製品パンフレットの制作実績

中綴じ製本パンフレット

シーエープラント

中綴じ16ページ

発電機の商品パンフレットです。
最初の4ページでブランドと発電機の紹介、次に見開き2ページを使った丁寧な商品紹介、最後に商品スペック比較表を掲載することで、実際の商談の場などでも使いやすいよう制作しました。
冊子型はカタログの役割も果たすことができます。

巻三つ折製品パンフレット

株式会社京都製作所
巻三つ折6ページ
巻き三つ折加工を使い、仕上がりがA4サイズになるよう製作しました。
開いたときの見開き3ページ分の広いスペースに商品一覧を掲載することで、商品比較がしやすい製品パンフレットになりました。

印刷加工紹介
【巻三つ折加工(片観音折り)】
巻三つ折り加工は1枚の紙を三分割し、内側に折り込み6ページにする折り加工です。片観音折りとも言います。
パンフレット以外にもDMやリーフレットなど様々な印刷物に使うことが多く、見開きにたっぷりとスペースが使えてデザインがしやすく、仕上がりはコンパクトなサイズになるため、使い勝手の良い折り加工となっています。

外国語パンフレットの制作実績

日本語・英語・中国語 3ヶ国語パンフレット

浅田製瓦工場


二つ折加工・巻き三つ折加工

明治より伝統技術を引き継ぐ、京瓦のパンフレットを制作いたしました。京瓦の銀色が引き立つよう、モノトーンのデザインが特徴です。

二つ折加工・巻き三つ折加工などシンプルな加工を採用することで費用を抑えることが可能になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。弊社の制作実績からパンフレットのバリエーションを紹介しました。参考になるパンフレットは見つかりましたでしょうか?

今回紹介した中綴じ製本や巻き三つ折加工以外にも、さまざまなパンフレットデザインがあります。その他の制作実績はこちらご覧ください。

京都広告デザイン.comではパンフレットを使いたい場面から、掲載内容、デザインまで、予算に合わせトータルにご提案させていただきます。
パンフレット制作をご希望の方はお気軽にご相談ください。

関連制作実績

  • 公益社団法人 安全マニュアル

    「公益社団法人日本ボート協会」様の発刊する、「ローイング安全マニュアル2021」の制作・印刷を致しました。 ボートに関わる全ての方が、楽しく安全に競技に打ち込むための内容が盛り込まれています。 数年おきにリニューアルを繰り返し、常に最新の状態で皆様にお届けしております。 尚、本製品の詳細に関しては協会ホームページ内、「安全なローイング」をご参照くださいませ。

    続きを読む
  • 大学ボート部 新入生向けパンフレット

    大学のスポーツチームの新人勧誘用のパンフレットを制作いたしました。 毎年工夫を凝らし、企画・デザインをグレードアップして制作させていただいています。 コロナウイルスの影響で、思うように新入部員の獲得ができなかった昨年度を乗り越えて、多くの新入生にアピールしたい!! そのアツい想いを、目一杯詰め込んだ一冊にデザインいたしました。 【仕様】 ・A4 24ページ ・中綴じ製本 左綴じ

    続きを読む
  • 大学ボート部 年報

    大学ボート部の年報(令和2年度)です。毎年楽しみにしている部員・OBのために、飽きのこないデザインと、力強さを表現しました。現競技者・元競技者向けの冊子になりますので、1年間の戦績など見やすいレイアウトを心掛けています。 毎年同じではなく、その年ごとの特色が出る冊子になっています。 制作、文章の校正、印刷を担当しています。 【仕様】 ・A4 48ページ ・両面フルカラー ・中綴じ製本 右綴じ ・表紙加工オプション

    続きを読む

関連コラム

  • 印刷用紙の基礎知識と紙の紹介

    武田 知也

    印刷会社の紙見本なんかを見ていると、紙の種類の多さに驚きます。 今回はその中でも一般的によく使われている基本的な印刷用紙3種類と、アラベールやヴァンヌーボといったデザイナーに人気の印刷用紙3種類をご紹介します。 印刷用紙の種類や厚さなどの基礎知識も合わせて解説していますので参考にしてみてください。

    続きを読む
  • HowTo 会社案内パンフレット|シーン別の制作事例と料金サンプル

    武田 知也

    「会社案内が古くなったから新しく作り直してほしい。」 「新卒向けにフレッシュな会社案内を作ってはどうだろうか。」 「今度の展示会で新規事業を盛り込んだ会社案内パンフレットが必要になった。」 あなたは会社案内の制作を担当することになりました。 今までのパンフレットは会社概要をまとめただけの簡単なものだけ。 何から手を付けていいのか分からない! 今回はそのような担当者に向けた、営業・採用・展示会、各シーン別に会社案内パンフレットに合った印刷デザインと弊社の制作事例をご紹介します。 会社概要を掲載するだけでは、会社の本質を伝えることはできません。 企業理念・コンセプト、ストーリー、ブランディングなどの手法を使い、会社案内を広報媒体としてうまく活用しましょう。

    続きを読む
  • 【フォントのはなし】明朝体とは?|定番&おすすめフォントの紹介

    武田 知也

    フォントの知識がない方でも「ゴシック体」と「明朝体」というふたつの書体の名前は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 フォントとは、本来「同じサイズで、書体デザインの同じ活字の一揃い」を指し、書籍やパンフレットなどの印刷物や、パソコン、スマホに表示される書体データのことです。ゴシック体と明朝体はその中でも代表的な書体です。 ゴシック体に引き続き、フォントのはなし第2回は「明朝体」についてです。 フォントはデザインの大部分を占める重要な要素です。フォントの知識を深めることで、印刷物やウェブサイトのデザインがより分かりやすくなります。

    続きを読む