【2021年版】インスタグラムビジネスアカウントを使った企業の活用方法

武田 知也

国内の月間アクティブアカウント数3,300万人(2019年3月時点)を突破したInstagram(インスタグラム)。2021年も最も注力すべきSNSのひとつです。
オンラインの需要が高まり、今年からSNSアカウント開設したい、発信の主力ツールとして活用しようと考えている企業も増えてきているのではないでしょうか。

前回インスタグラムビジネスアカウントについての運用のポイントについて解説しました。

【2021年版】インスタグラムでビジネスアカウントを始める運用のポイントを徹底解説

今回は具体的なインスタグラムの活用方法について紹介します。

<企業でのインスタグラム活用法方>

  • ・ショッピング機能
  • ・インスタグラム広告
  • ・キャンペーンの展開

 

ショッピング機能

写真を投稿型がメインのインスタグラムはショッピングとの相性が抜群です。
ECサイトを持っている場合はショッピング機能を活用することで、新規顧客へのダイレクトなアプローチが可能です。

買い物かごのアイコンが表示されている投稿を見かけたことはないでしょうか?
こちらのアイコンが付いた投稿をタップすると、商品一覧ページが表示され、自社ECサイトとリンクできます。

Instagramショッピング 利用手順

  • ステップ1.利用案件を確認する
  • ステップ2.ビジネスアカウントに切り替える
  • ステップ3.Facebookページにリンクする
  • ステップ4.商品カタログをアップロード
  • ステップ5.アカウントの審査を完了する
  • ステップ6.ショッピングをオンにする

 

ショッピング機能が使えるようになると、投稿にショッピングタグを使って商品を表示することができたり、ストーリーズでの「ショッピングスタンプ」の利用が可能になります。

また、2020年には「ショップ」タブが設置されました。商品カタログを一覧で見ることができます。

インスタグラム広告

インスタグラムの広告には以下の6種類があります。

  • ストーリーズ広告
  • 写真広告
  • 動画広告(最長120秒)
  • カルーセル広告・・・スワイプすることで、複数並んだ写真や動画を切り替えられる
  • コレクション広告
  • 発見タグ広告・・・フォロワー以外のアカウントにもリーチできる

 

その中でも2017年からサービスが開始された「ストーリーズ広告」は、注目の集まる広告のひとつです。

2016年からスタートした「ストーリーズ」は、投稿から24時間で自動的に削除される気軽さが受け、若い世代を中心に活用ユーザーが増えてきました。

ストーリーズ広告は、ユーザーが閲覧している間に挟まれて表示されるため、自然な形で表示できるのがメリットです。
また画面全体を使った縦長のデザインになっており、通常の広告よりも大画面での広告表示が可能です。

ストーリーズ広告に限らずインスタグラム広告では、投稿の中にウェブサイトや商品ページへのボタンを設置することができ、興味をもったユーザーを自社サイトに誘導することができます。

キャンペーンの展開

アカウントの開設初期フォロワー数増加を目指すときに効果的なのが、インスタグラムでのキャンペーンの展開です。

手軽にユーザー参加型のキャンペーンができるのがインスタグラムの魅力です。従来の一方的な広告ではなく企業とユーザー双方向のコミュニケーションの手段としても有効です。

キャンペーン事例
「#ハッシュタグキャンペーン」

#(ハッシュタグ)を活用したユーザーに投稿してもらう参加型のキャンペーンです。
自社製品やテーマに沿った写真と一緒にキャンペーン用のオリジナルハッシュタグを投稿してもらい、参加者の中から抽選でプレゼントするのが一般的です。

キャンペーン効果

  • ・ブランド認知拡大
  • ・ロイヤリティ(愛着・信頼)の向上
  • ・応募投稿の二次利用(ウェブサイトやストーリーズへ転載)
  • ・フォロワー増加

インスタグラムキャンペーンは認知力向上・ブランド力向上を目的としています。

成功事例も多いですが、中には参加者が集まらず目的を達成できない場合もあります。ユーザーに楽しんで参加してもらえるキャンペーンを目指しましょう。

いかがでしたでしょうか?

広告や認知獲得の手段は年々進化しています。その中でもインスタグラムはユーザーの声に応え毎年新しい機能を追加しています。
京都広告デザイン.comではインスタグラムの運用代理も行っています。企画から写真撮影や文章、解析まで一貫した運用によってブランド世界観を構築し、より訴求力の高い集客を可能にします。

継続して投稿ができない、フォロワー数が伸びないなどの悩みを抱えている方はお気軽にご相談ください。

関連制作実績

  • 神社 プロモーションサイト制作・動画制作

    陰陽師・安倍晴明公を祀る、京都市上京区にある晴明神社のプロモーションサイト(郵送祈祷について)の制作をさせていただきました。 内なる悩み、願いを神様にお伝えする御祈祷は、御神前にお越しいただくのが本儀ですが、 「病気やけがでお参りが叶わない」 「遠くからでも晴明様にお願いしたい」 「遠方に住む親や子供の健康を祈りたい」 など、種々のご事情により御祈祷を受けられない方々のために、郵送等による御祈祷をお申込みいただける特設サイトを制作いたしました。 プロモーションサイト制作に合わせて、写真撮影と動画撮影を行いました。 動画は、YouTubeでもご覧いただけます。

    続きを読む
  • 神社 ライブ配信

    陰陽師・安倍晴明公を祀る、京都市上京区にある晴明神社のライブ配信動画の撮影をさせていただきました。 今回(2021年2月2日)、境内の密を避けるため、「節分星祭」のライブ配信のご提案をさせていただき、参拝いただけない皆様にお届けさせていただきました。 下記より【プロジェクト概要】より、録画映像をご覧いただけます。

    続きを読む

関連コラム

  • コンテンツSEOとは?高品質なコンテンツを制作する5つのコツ

    武田 知也

    SEOとはSearch Engine Optimizationの略で日本語では検索エンジン最適化と言います。検索エンジン最適化の言葉の通り、ユーザーの求める情報に自社サイトを最適化させることで、Googleなどの検索エンジンに自社サイトを上位表示させて、ユーザーがウェブサイトに訪れる機会を増やすマーケティング施策です。 今回はSEOの施策の中でも「コンテンツSEO」について詳しく解説していきます。 【SEOについてはこちらの記事で詳しく解説しています。】 【WEB基礎知識】SEOとは?検索エンジンの仕組みを解説

    続きを読む
  • 【UI/UXデザインとは?】初心者でもわかる!ユーザーエクスぺリエンスとは?

    武田 知也

    UIとは、User Interface(ユーザーインターフェース)の略で、利用者(ユーザー)が製品やサービスに触れるときの「目で見える部分」や「操作できる箇所」といった、ユーザーとの接点のことを指します。 「インターフェース(Interface)」という言葉はコンピューター、IT用語としてよく使用されます。直訳すると「境界面、接触面、界面」となり、異なる二つのものを仲介するという意味を持っています。 IT業界では、種類が異なる機器やコンピュータとプログラムを繋げる方法や装置のことをインターフェースと呼びます。   インターフェースの言葉のイメージを思い浮かべながら、あらためてUI(ユーザーインターフェース)を考えると分かりやすいのではないでしょうか。

    続きを読む
  • 名作コピーから学ぶ|印象に残る面白いキャッチコピー7選

    武田 知也

    「名作コピーから学ぶ」シリーズ第3弾。 今回は思わず人に教えたくなるような、面白いキャッチコピーをご紹介します。 「むかし、CMで流れてたよね!」と思い出すような、印象に残る名作揃いです。 「名作コピーから学ぶ」シリーズ 名作コピーから学ぶ センスのあるキャッチコピー7選 名作コピーから学ぶ|ファッション&化粧品キャッチコピー7選 広告におけるキャッチコピーの役割と種類 イメージコピー 企業やサービス・商品のイメージを定着させる。ブランディングをする際に使用する。 セールスコピー 商品を売り込む文言。購買や登録などを今すぐ行動させるために使用する。

    続きを読む