【パンフレット・カタログ】紙媒体5つの重要性!

武田 知也

WEBサイトでの情報発信が活況の今だからこそ、現物としての有効な機能の備わった「紙媒体の重要性」を再認識しましょう!

1.紙媒体の注目性

WEBでの広告展開が活況な今だからこそ、紙媒体が逆にユーザーの注意を引きやすくなっている部分もあります。ざっと読みされるWEBページと比較して「現物である紙媒体」は、読者を引きつける有効性が高いのです。

紙媒体はクリックしてどこかに離脱してしまう、ということもありません。
スルーされにくい媒体ということが言えるでしょう。

2.紙媒体の機能性

WEBではスクロールしなければならない情報の多いページも、紙媒体なら見開いた状態でたくさんの情報を見渡すことが可能です。 新聞などが良い例ですね!閲覧性が高い媒体と言えます。

携帯性、回覧性といった面でも紙媒体は不測の事態にも強いです。

営業の現場でもWEBページを閲覧するとなるとノートパソコン、ネット接続環境(wifiなど)が必要ですが、パンフレットなど紙媒体はその「現物」のみがあればOKです。 商談時に顧客に商品のWEBページを見てもらおうとして、ネット接続につながらずアタフタ。。なんてよくあるケースもありません。(私はよく慌てふためいています。。)

紙媒体なら商談後に「また詳細はご参照ください。」と「手渡し」することができます。手軽に「回覧」できるということですね!
その手軽さゆえ、読んで貰える力も有効性が高いのです。

3.紙媒体の集客効果

ターゲットの年齢層、地域性によってはWEBより紙媒体の方が集客性は有効です。
年配の方のインターネット利用率は若年層に比べてかなり低いです。
またビジネスの地域性によっては紙媒体のチラシを作成して街頭での配布PRの方が即効で効果が現れる場合があります。

4.紙媒体の保存性

これは歴史ある紙の特長です。紀元前から人類が利用してきたツールはなかなか手放せるものではありません。
情報を入手するにあたってパソコンなど特別な装置が必要なく、また年配の方などWEBに不慣れな方への使い勝手も抜群です。
紙媒体の広告は情報を受け取る側の負担が少ないと言えます。

5.紙媒体とWEBサイトとの連携

WEBサイトを見たユーザーが紙媒体の資料を希望するシーンもあり、紙媒体を見たユーザーがWEBサイトにアクセスするシーンもあります。
WEBか紙かその情報にとって最適なメディアとは何かを検討し広告を企画することが良いとされています。

まとめ

以上のように紙媒体の重要性を再認識して、紙媒体ならではの良さを発揮できるような広告展開、 WEBとの連携を持たせた展開が今後はより求められるかと思います。 紙媒体の重要性を再認識して広告を検討してみましょう!

関連制作実績

  • 公益社団法人 安全マニュアル

    「公益社団法人日本ボート協会」様の発刊する、「ローイング安全マニュアル2021」の制作・印刷を致しました。 ボートに関わる全ての方が、楽しく安全に競技に打ち込むための内容が盛り込まれています。 数年おきにリニューアルを繰り返し、常に最新の状態で皆様にお届けしております。 尚、本製品の詳細に関しては協会ホームページ内、「安全なローイング」をご参照くださいませ。

    続きを読む
  • 打楽器製造メーカー 製品カタログ

    マリンバ・シロフォン・グロッケン・ボックスフォン・オリジナル打楽器製造メーカー「株式会社こおろぎ社」様の製品カタログを制作いたしました。 色、質感がしっかり伝わるように、紙質や印刷方法にもこだわりをもって取り組ませていただいております。 【仕様】 ・A4 32ページ ・中綴じ製本 左綴じ

    続きを読む
  • 大学ボート部 新入生向けパンフレット

    大学のスポーツチームの新人勧誘用のパンフレットを制作いたしました。 毎年工夫を凝らし、企画・デザインをグレードアップして制作させていただいています。 コロナウイルスの影響で、思うように新入部員の獲得ができなかった昨年度を乗り越えて、多くの新入生にアピールしたい!! そのアツい想いを、目一杯詰め込んだ一冊にデザインいたしました。 【仕様】 ・A4 24ページ ・中綴じ製本 左綴じ

    続きを読む

関連コラム

  • HowTo 会社案内パンフレット|シーン別の制作事例と料金サンプル

    武田 知也

    「会社案内が古くなったから新しく作り直してほしい。」 「新卒向けにフレッシュな会社案内を作ってはどうだろうか。」 「今度の展示会で新規事業を盛り込んだ会社案内パンフレットが必要になった。」 あなたは会社案内の制作を担当することになりました。 今までのパンフレットは会社概要をまとめただけの簡単なものだけ。 何から手を付けていいのか分からない! 今回はそのような担当者に向けた、営業・採用・展示会、各シーン別に会社案内パンフレットに合った印刷デザインと弊社の制作事例をご紹介します。 会社概要を掲載するだけでは、会社の本質を伝えることはできません。 企業理念・コンセプト、ストーリー、ブランディングなどの手法を使い、会社案内を広報媒体としてうまく活用しましょう。

    続きを読む
  • 【フォントのはなし】明朝体とは?|定番&おすすめフォントの紹介

    武田 知也

    フォントの知識がない方でも「ゴシック体」と「明朝体」というふたつの書体の名前は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 フォントとは、本来「同じサイズで、書体デザインの同じ活字の一揃い」を指し、書籍やパンフレットなどの印刷物や、パソコン、スマホに表示される書体データのことです。ゴシック体と明朝体はその中でも代表的な書体です。 ゴシック体に引き続き、フォントのはなし第2回は「明朝体」についてです。 フォントはデザインの大部分を占める重要な要素です。フォントの知識を深めることで、印刷物やウェブサイトのデザインがより分かりやすくなります。

    続きを読む
  • 【フォントのはなし】ゴシック体とは?|定番&おすすめフォントの紹介

    武田 知也

    フォントの知識がない方でも「ゴシック体」と「明朝体」というふたつの書体の名前は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 フォントとは、本来「同じサイズで、書体デザインの同じ活字の一揃い」を指し、書籍やパンフレットなどの印刷物や、パソコン、スマホに表示される書体データのことです。ゴシック体と明朝体はその中でも代表的な書体です。 フォントは種類も多く、使い方ひとつでデザインのクオリティが変わってくるため、扱いが難しく、ついデザイナーに任せがちなことも多いのではないでしょうか? 今回は実際のフォントを見ながらフォント初心者向けに解説していきます。 フォントのはなし第1回は「ゴシック体」についてです。

    続きを読む

お問い合わせ

075-812-4459 受付時間/8:45〜17:45 土・日・祝日休

受付時間/8:45〜17:45 土・日・祝日休
株式会社テイスト(運営会社)