【広告制作豆知識】パンフレットとリーフレットの違いとは?

武田 知也

1. リーフレットとパンフレットの違いは?

リーフレットとパンフレットはよく耳にする言葉ですが、実際その違いが何なのかよく分かっていない方も多いと思います。その役割を何となくでも分かっていれば問題はないのですが、ここで改めてそれらの定義・役割を整理していきたいと思います。

まず定義についてですが本当にシンプルなことで、簡単に言ってしまえば何枚つづりで構成されているか、というところで区別されます。

一枚ものがリーフレット、複数枚のページで構成されているのがパンフレット、と、このように定義されています。

2. リーフレットの利点3つのポイント!

リーフレットの利点は大きくは以下の3ポイントになります。

持ち運びがしやすい
複数ページの印刷物よりも手にとってもらいやすい
簡単に・低予算での作成が可能
なんといってもかさばらない!これはユーザーにとっても大きな利点です。他には気軽に渡すことも受け取ることもできますし、機動力がある!というところが大きなポイントとなります。

一例としましては、会社案内のシンプル版として一つリーフレットを制作しておけば、相手も気軽に受け取れ、複数ページのパンフレットよりもさっと目を通してもらえるので営業のシーンでも大活躍します。

3. パンフレットの利点3つのポイント!

パッと手軽に渡せて、さっと目を通してもらえるリーフレットに対し、パンフレットはじっくりとお話する機会があるときにとても有効です。

パンフレットの利点は大きくは以下の3ポイントになります。

1.伝えたい情報がしっかりと伝えられる
2.じっくりと読み込んでもらえる
3.対面で説明する際に活用できる

どういう会社なの?どういった商品があるの?など会社に関する情報をより多く知ってもらうために、パンフレットという広告ツールはとても向いています。

しかし、むやみやたらに情報をつめこめばいいというものではなく、パンフレットを作成する際には目的をはっきりとさせ、伝えたい情報がわかりやすく簡潔に伝えられることが重要です。

まとめ

パンフレット・リーフレットに関する違いとそれぞれの利点を挙げましたが、一番重要なのは、どういう目的なのかをはっきりさせておくことです。 目的に合った媒体・形態を選び、そして形態によって情報の見せ方、伝え方もしっかりと考えなければなりません。

読み手にとって一番重要なのは、求めている情報がわかりやすく伝わるかどうかです。そこを意識し、目的に合った媒体を作りましょう。

関連制作実績

  • 公益社団法人 安全マニュアル

    「公益社団法人日本ボート協会」様の発刊する、「ローイング安全マニュアル2021」の制作・印刷を致しました。 ボートに関わる全ての方が、楽しく安全に競技に打ち込むための内容が盛り込まれています。 数年おきにリニューアルを繰り返し、常に最新の状態で皆様にお届けしております。 尚、本製品の詳細に関しては協会ホームページ内、「安全なローイング」をご参照くださいませ。

    続きを読む
  • 大学ボート部 新入生向けパンフレット

    大学のスポーツチームの新人勧誘用のパンフレットを制作いたしました。 毎年工夫を凝らし、企画・デザインをグレードアップして制作させていただいています。 コロナウイルスの影響で、思うように新入部員の獲得ができなかった昨年度を乗り越えて、多くの新入生にアピールしたい!! そのアツい想いを、目一杯詰め込んだ一冊にデザインいたしました。 【仕様】 ・A4 24ページ ・中綴じ製本 左綴じ

    続きを読む
  • 大学ボート部 年報

    大学ボート部の年報(令和2年度)です。毎年楽しみにしている部員・OBのために、飽きのこないデザインと、力強さを表現しました。現競技者・元競技者向けの冊子になりますので、1年間の戦績など見やすいレイアウトを心掛けています。 毎年同じではなく、その年ごとの特色が出る冊子になっています。 制作、文章の校正、印刷を担当しています。 【仕様】 ・A4 48ページ ・両面フルカラー ・中綴じ製本 右綴じ ・表紙加工オプション

    続きを読む

関連コラム

  • 印刷用画像補正の基本・初級編【明るさ・色調補正・傾き・解像度】 

    武田 知也

    スマートフォンを使うようになってからというもの、アプリを使ったフィルター加工やレタッチをすることが日常的になってきました。 しかし、ディスプレイでは美しく見える写真が、印刷してみると思い通りに行かなかったことはないでしょうか?実際にPhotoshopなどの画像補正の経験がある方ほど、印刷用の画像補正の難しさを知っているように思います。 今回はAdobe Photoshopを使った印刷に適した画像補正を作業順に解説していきます。 補正前 補正後 作例として白背景のカフェ写真を用意しました。 色調補正前の画像は全体的に暗く、背景も青みがかっています。これを補正後のように明るく、メリハリのある画像に補正していきます。

    続きを読む
  • DTP・印刷業界でよく使われる専門用語辞典

    武田 知也

    デザイナーや印刷会社の間でよく使われているDTP・印刷に関する専門用語を解説します。専門用語を覚えると修正や指示出しの際にとても便利です。専門職以外の方でも使う機会の多い用語をピックアップしました。

    続きを読む
  • SDGs入門|持続可能な社会のために印刷物にできること

    武田 知也

    SDGs(持続可能な開発目標/Sustainable Development Goals)とは、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓った、持続可能でよりよい世界を目指す国際目標のことです。 2015年に策定され、2030年までの長期目標として、17のゴール・169のターゲット(具体目標)から構成されています。 ニュースやメディアで取り上げられることも多くなり、耳にする機会も増えてきたのではないでしょうか?SDGs達成に向けて目標に取り組む企業・団体も多くなってきました。 あなたは17の目標のうち、いくつを知っていますか?         2021年現在、SDGsの目標達成期限である2030年まで10年を切りました。 あなたはこれらの目標すべてを2030年までに達成できると思いますか? もしその答えが「いいえ」なら、なぜ達成できないと感じたのかを一度考えてみてはいかがでしょうか。

    続きを読む