【パンフレット・カタログ】紙媒体5つの重要性!

武田 知也

WEBサイトでの情報発信が活況の今だからこそ、現物としての有効な機能の備わった「紙媒体の重要性」を再認識しましょう!

1.紙媒体の注目性

WEBでの広告展開が活況な今だからこそ、紙媒体が逆にユーザーの注意を引きやすくなっている部分もあります。ざっと読みされるWEBページと比較して「現物である紙媒体」は、読者を引きつける有効性が高いのです。

紙媒体はクリックしてどこかに離脱してしまう、ということもありません。
スルーされにくい媒体ということが言えるでしょう。

2.紙媒体の機能性

WEBではスクロールしなければならない情報の多いページも、紙媒体なら見開いた状態でたくさんの情報を見渡すことが可能です。 新聞などが良い例ですね!閲覧性が高い媒体と言えます。

携帯性、回覧性といった面でも紙媒体は不測の事態にも強いです。

営業の現場でもWEBページを閲覧するとなるとノートパソコン、ネット接続環境(wifiなど)が必要ですが、パンフレットなど紙媒体はその「現物」のみがあればOKです。 商談時に顧客に商品のWEBページを見てもらおうとして、ネット接続につながらずアタフタ。。なんてよくあるケースもありません。(私はよく慌てふためいています。。)

紙媒体なら商談後に「また詳細はご参照ください。」と「手渡し」することができます。手軽に「回覧」できるということですね!
その手軽さゆえ、読んで貰える力も有効性が高いのです。

3.紙媒体の集客効果

ターゲットの年齢層、地域性によってはWEBより紙媒体の方が集客性は有効です。
年配の方のインターネット利用率は若年層に比べてかなり低いです。
またビジネスの地域性によっては紙媒体のチラシを作成して街頭での配布PRの方が即効で効果が現れる場合があります。

4.紙媒体の保存性

これは歴史ある紙の特長です。紀元前から人類が利用してきたツールはなかなか手放せるものではありません。
情報を入手するにあたってパソコンなど特別な装置が必要なく、また年配の方などWEBに不慣れな方への使い勝手も抜群です。
紙媒体の広告は情報を受け取る側の負担が少ないと言えます。

5.紙媒体とWEBサイトとの連携

WEBサイトを見たユーザーが紙媒体の資料を希望するシーンもあり、紙媒体を見たユーザーがWEBサイトにアクセスするシーンもあります。
WEBか紙かその情報にとって最適なメディアとは何かを検討し広告を企画することが良いとされています。

まとめ

以上のように紙媒体の重要性を再認識して、紙媒体ならではの良さを発揮できるような広告展開、 WEBとの連携を持たせた展開が今後はより求められるかと思います。 紙媒体の重要性を再認識して広告を検討してみましょう!

関連制作実績

関連コラム

  • 【RGBとCMYK解説】なぜ入稿データはCMYKでないといけないのか

    武田 知也

    「入稿データはCMYKでお願いします。」 と印刷所から言われたけれど、CMYKって何のこと? 「この写真はRGBだからCMYKに変換しないと正しい色で印刷できない。」って聞いたけれど、正しい色ってどういうこと?など、CMYKや印刷の色について疑問に感じ、難しく思った事はありませんか? ここでは「RGB」と「CMYK」ふたつのカラーモードについての詳しい説明と、なぜCMYKで入稿データを作成するのかについて、わかりやすく解説していきます。

    続きを読む
  • 紙媒体による感覚マーケティングとは?

    武田 知也

    買い物にいった時、手に取った商品を購入する決め手は何でしょうか? 価格、デザイン、利便性、流行、インターネットの口コミが良かったから。様々な項目が思い浮 かびますが、最後の決め手となったのは「なんとなくこちらのほうが良さそう」といった「感覚」による判断だったことはないでしょうか? 市場の成熟に伴い製品やサービスの差別化がより一層難しくなる中において、消費者の「感覚」を考えることは今後ますます重要になってきます。 「視覚」「聴覚」「嗅覚」「味覚」「感覚」 五感への刺激をうまく取り込み、消費者にポジティブな影響を与えること。この消費者の「感覚」に注目したのが「感覚マーケティング」です。

    続きを読む
  • A?B?意外に知らない「紙」のサイズ

    武田 知也

    現在、身近な紙のサイズはJIS規格によって決められています。 最もポピュラーなサイズは、プリンターなどで使われるA4判ではないでしょうか? 「判」とは「判型」の略で、紙のサイズそのものを表す用語です。 A+数で表されるグループはA列と呼ばれ、A1(594×841)を基準にしています。 A1を半分にするとA2、A2を半分にするとA3、さらに半分にするとA4となっていきます。 このような関係がAグループで、国際規格にも採用されています。 さて、もう1つグループがあります。週刊少年誌などでなじみ深いB5判の属するグループです。 B+数で表されるグループはB列と呼ばれ、B1(728×1085)を基準にしています。 A列と同様、B1を半分にするとB2、B2を半分にするとB3、さらに半分にするとB4となっていきます。 このような関係がBグループで、江戸時代の美濃紙サイズに由来した国内規格です。 それぞれを見比べるとお分かりのようにA判よりもB判の方が一回り大きいことも特徴です。 どのような印刷物を作るかによって、最適な印刷用紙サイズが変わってきますので、あらかじめサイズ表を基準にされてみてはいかがでしょうか?

    続きを読む

お問い合わせ

075-812-5011 受付時間/9:00〜17:30 土・日・祝日休

受付時間/9:00〜17:30 土・日・祝日休
株式会社テイスト(運営会社)