遺伝子検査サービス企業 展示会ツール・パネルなど

遺伝子検査サービスを提供されている企業様の展示会ツールや販促ツールを制作させていただきました。

展示会バックスクリーン

遺伝子検査サービスを提供されている企業様の、展示会ブース用のバックスクリーンです。
健康をテーマに開催される展示会なので、目を引くように
コーポレートカラーではないブルーをあえて使いデザインをさせていただきました。
このスクリーンは大人1人で持ち運び可能で、
組み立ても大人2人で慣れれば10分程度で完成可能です。
デザイン部分はマジックテープで脱着可能なので
デザインのみ変更することも可能で使い回しがききます。
防炎のトロマットという生地に印刷をしており耐久性もあります。

サイズ:約H2250mm×W2250mm×D500

学会用A1パネル

遺伝子検査サービスを提供されている企業様の学会用A1パネルになります。
遠目で見てどのような会社なのか理解できるようシンプルな内容にさせていただきました。
A1サイズでパネルは7mmの厚さになります。
耐久性を考え耐候UVラミネート加工を施し、アルミフレーム枠に収めました。
アルミフレームには三角環が付属しており、吊り下げが可能です。
併せて会社案内パンフレット、展示会ブースにご利用のツールなどのご依頼もいただきました。

学会広報誌の広告制作

学会に出展される企業様より学会広報誌の広告制作のご依頼いただきました。
遺伝子検査という特殊なサービスを展開されていますので
商品の概要をしっかりとお伺いし、把握した上で 訴求力のある構成で仕上げさせていただきました。
同様のデザインで大型ポスター・商品チラシなども併せて作成しております。

販促物用ステッカー

DNAの検査キットなど販促物に使用するステッカーです。
アート紙で印刷、レーザーカットではがしやすくなっています。
また、検査キットの商品名である「GENEFITT」のロゴも同時にデザインさせていただきました。

プロジェクト概要

クライアント名 株式会社サインポスト
クライアント所在地 京都
URL https://www.signpostcorp.com/

関連制作実績

関連コラム

  • A?B?意外に知らない「紙」のサイズ

    武田 知也

    現在、身近な紙のサイズはJIS規格によって決められています。 最もポピュラーなサイズは、プリンターなどで使われるA4判ではないでしょうか? 「判」とは「判型」の略で、紙のサイズそのものを表す用語です。 A+数で表されるグループはA列と呼ばれ、A1(594×841)を基準にしています。 A1を半分にするとA2、A2を半分にするとA3、さらに半分にするとA4となっていきます。 このような関係がAグループで、国際規格にも採用されています。 さて、もう1つグループがあります。週刊少年誌などでなじみ深いB5判の属するグループです。 B+数で表されるグループはB列と呼ばれ、B1(728×1085)を基準にしています。 A列と同様、B1を半分にするとB2、B2を半分にするとB3、さらに半分にするとB4となっていきます。 このような関係がBグループで、江戸時代の美濃紙サイズに由来した国内規格です。 それぞれを見比べるとお分かりのようにA判よりもB判の方が一回り大きいことも特徴です。 どのような印刷物を作るかによって、最適な印刷用紙サイズが変わってきますので、あらかじめサイズ表を基準にされてみてはいかがでしょうか?

    続きを読む

お問い合わせ

075-812-5011 受付時間/9:00〜17:30 土・日・祝日休

受付時間/9:00〜17:30 土・日・祝日休
株式会社テイスト(運営会社)