遺伝子検査サービス企業 展示会ツール・パネルなど

遺伝子検査サービスを提供されている企業様の展示会ツールや販促ツールを制作させていただきました。

展示会バックスクリーン

遺伝子検査サービスを提供されている企業様の、展示会ブース用のバックスクリーンです。
健康をテーマに開催される展示会なので、目を引くように
コーポレートカラーではないブルーをあえて使いデザインをさせていただきました。
このスクリーンは大人1人で持ち運び可能で、
組み立ても大人2人で慣れれば10分程度で完成可能です。
デザイン部分はマジックテープで脱着可能なので
デザインのみ変更することも可能で使い回しがききます。
防炎のトロマットという生地に印刷をしており耐久性もあります。

サイズ:約H2250mm×W2250mm×D500

学会用A1パネル

遺伝子検査サービスを提供されている企業様の学会用A1パネルになります。
遠目で見てどのような会社なのか理解できるようシンプルな内容にさせていただきました。
A1サイズでパネルは7mmの厚さになります。
耐久性を考え耐候UVラミネート加工を施し、アルミフレーム枠に収めました。
アルミフレームには三角環が付属しており、吊り下げが可能です。
併せて会社案内パンフレット、展示会ブースにご利用のツールなどのご依頼もいただきました。

学会広報誌の広告制作

学会に出展される企業様より学会広報誌の広告制作のご依頼いただきました。
遺伝子検査という特殊なサービスを展開されていますので
商品の概要をしっかりとお伺いし、把握した上で 訴求力のある構成で仕上げさせていただきました。
同様のデザインで大型ポスター・商品チラシなども併せて作成しております。

販促物用ステッカー

DNAの検査キットなど販促物に使用するステッカーです。
アート紙で印刷、レーザーカットではがしやすくなっています。
また、検査キットの商品名である「GENEFITT」のロゴも同時にデザインさせていただきました。

プロジェクト概要

クライアント名 株式会社サインポスト
クライアント所在地 京都
URL https://www.signpostcorp.com/

関連制作実績

関連コラム

  • 印刷用画像補正の基本・初級編【明るさ・色調補正・傾き・解像度】 

    武田 知也

    スマートフォンを使うようになってからというもの、アプリを使ったフィルター加工やレタッチをすることが日常的になってきました。 しかし、ディスプレイでは美しく見える写真が、印刷してみると思い通りに行かなかったことはないでしょうか?実際にPhotoshopなどの画像補正の経験がある方ほど、印刷用の画像補正の難しさを知っているように思います。 今回はAdobe Photoshopを使った印刷に適した画像補正を作業順に解説していきます。 補正前 補正後 作例として白背景のカフェ写真を用意しました。 色調補正前の画像は全体的に暗く、背景も青みがかっています。これを補正後のように明るく、メリハリのある画像に補正していきます。

    続きを読む
  • DTP・印刷業界でよく使われる専門用語辞典

    武田 知也

    デザイナーや印刷会社の間でよく使われているDTP・印刷に関する専門用語を解説します。専門用語を覚えると修正や指示出しの際にとても便利です。専門職以外の方でも使う機会の多い用語をピックアップしました。

    続きを読む
  • SDGs入門|持続可能な社会のために印刷物にできること

    武田 知也

    SDGs(持続可能な開発目標/Sustainable Development Goals)とは、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓った、持続可能でよりよい世界を目指す国際目標のことです。 2015年に策定され、2030年までの長期目標として、17のゴール・169のターゲット(具体目標)から構成されています。 ニュースやメディアで取り上げられることも多くなり、耳にする機会も増えてきたのではないでしょうか?SDGs達成に向けて目標に取り組む企業・団体も多くなってきました。 あなたは17の目標のうち、いくつを知っていますか?         2021年現在、SDGsの目標達成期限である2030年まで10年を切りました。 あなたはこれらの目標すべてを2030年までに達成できると思いますか? もしその答えが「いいえ」なら、なぜ達成できないと感じたのかを一度考えてみてはいかがでしょうか。

    続きを読む