CMS構築

CMSとは?

「CMS」とは、「Contents Management System:コンテンツ・マネジメント・システム」の略称で、Webサイト制作の専門的な知識がなくても、コンテンツを構成するテキストや画像、デザイン・レイアウトなどを構築・管理・更新することができるシステムのことを言います。

一般的なウェブサイトは、HTMLやCSSといった専門的な知識がないと制作・更新が難しく、外注や専門スタッフを雇う必要があります。しかしCMSを使ったウェブサイトは上記の専門知識がなくとも、写真のアップロードやテキストの更新を行うことができるのです。

CMSにはいくつかの種類が存在しますが、オープンソース型の「Wordpress」が多く利用されています。

CMSを導入するメリット

CMS導入の最大のメリットは更新作業を自社内でできるようになることです。CMSを導入してのウェブサイト制作は専門の知識と経験が必要になりますが、一度作成したコンテンツへの写真のアップロードや記事の投稿は専門知識がなくても行うことができます。

情報更新の頻度が高い企業や、ブログやオウンドメディアなどコンテンツを持っている企業から、自分たちで更新できるようにして欲しいという依頼は増加傾向にあります。

CMSを使った更新に必要なものはインターネット環境とブラウザだけです。また複数人で管理することがきるのもメリットです。

導入の向き・不向きを見極める

CMS導入に向いているサイト

・更新頻度が高い
・社内に知識のあるスタッフがいないため、更新の度に外注する必要がある
・ウェブサイトのページ数が多い
・ウェブサイトを複数部署、スタッフで管理・更新する必要がある
・デザインを統一したい

CMS導入に向いていないサイト

・更新頻度が少ない
・デザイン性の高いウェブサイトを作りたい
・ギミック(仕掛け)のあるウェブサイトを作りたい
・ページ数が少ない
・ウェブサイトの表示速度が優先事項である
・セキュリティを厳重にする必要がある

関連制作実績

関連コラム

  • WEB

    企業サイトでWordPressを使うメリット・デメリットは?

    武田 知也

    WordPress(ワードプレス)とは、ウェブサイトやブログなどを作成するCMSのひとつで、フリーソフトウェアです。専門的な技術が無くてもサイトの管理や投稿ができるため、ブログなどの更新頻度の高いウェブサイトで多く利用されています。 豆知識 CMSとは 「Contents Management System」の略称。日本語では「コンテンツ管理システム」と言います。ウェブサイトの制作には「HTML」や「CSS」といった専門知識を必要とするが、CMSはそういった専門知識部分はシステム側が行い、テキストや画像を入れるだけで、制作・管理・更新を簡単に行うことができるシステムです。

    続きを読む

お問い合わせ

075-812-4459 受付時間/8:45〜17:45 土・日・祝日休

受付時間/8:45〜17:45 土・日・祝日休
株式会社テイスト(運営会社)