CMS構築

CMSとは?

「CMS」とは、「Contents Management System:コンテンツ・マネジメント・システム」の略称で、Webサイト制作の専門的な知識がなくても、コンテンツを構成するテキストや画像、デザイン・レイアウトなどを構築・管理・更新することができるシステムのことを言います。

一般的なウェブサイトは、HTMLやCSSといった専門的な知識がないと制作・更新が難しく、外注や専門スタッフを雇う必要があります。しかしCMSを使ったウェブサイトは上記の専門知識がなくとも、写真のアップロードやテキストの更新を行うことができるのです。

CMSにはいくつかの種類が存在しますが、オープンソース型の「Wordpress」が多く利用されています。

CMSを導入するメリット

CMS導入の最大のメリットは、更新作業を自社内でできるようになることです。CMSを導入してのウェブサイト制作は、専門の知識と経験が必要になりますが、一度作成したコンテンツへの写真のアップロードや記事の投稿は専門知識がなくても行うことができます。

情報更新の頻度が高い企業や、ブログやオウンドメディアなどコンテンツを持っている企業から、自分たちで更新できるようにして欲しいという依頼は増加傾向にあります。

CMSを使った更新に必要なものは、インターネット環境とブラウザだけです。また複数人で管理することがきるのもメリットです。

導入の向き・不向きを見極める

CMS導入に向いているサイト

・更新頻度が高い
・社内に知識のあるスタッフがいないため、更新の度に外注する必要がある
・ウェブサイトのページ数が多い
・ウェブサイトを複数部署、スタッフで管理・更新する必要がある
・デザインを統一したい

CMS導入に向いていないサイト

・更新頻度が少ない
・デザイン性の高いウェブサイトを作りたい
・ギミック(仕掛け)のあるウェブサイトを作りたい
・ページ数が少ない
・ウェブサイトの表示速度が優先事項である
・セキュリティを厳重にする必要がある

関連制作実績

関連コラム

  • WEB

    【WEB基礎知識】ABテストとは?あのアメリカ大統領も選挙で活用!

    武田 知也

    ABテストとは、ウェブサイトのパフォーマンスを改善するためのマーケティング手法です。 2つ以上のパターンを用意しそれぞれの成果を比較することで、より効果的な方法を導き出します。ABとは言いますが、3パターン以上でテストを行うこともあります。 ABテストは、主にランディングページ(LP)の最適化を出すのに効果的なマーケティング手法ですが、商品ページ、購入フォーム、メールマガジン、広告なども目的によっては有効です。 ABテストはコンバージョン率改善のために用いるためのウェブマーケティング用語でしたが、最近ではウェブサイトに限らず、テストパターンを複数用意して比較検証を行うこと全般を指すようになってきました。

    続きを読む
  • コンテンツSEOとは?高品質なコンテンツを制作する5つのコツ

    武田 知也

    SEOとはSearch Engine Optimizationの略で日本語では検索エンジン最適化と言います。検索エンジン最適化の言葉の通り、ユーザーの求める情報に自社サイトを最適化させることで、Googleなどの検索エンジンに自社サイトを上位表示させて、ユーザーがウェブサイトに訪れる機会を増やすマーケティング施策です。 今回はSEOの施策の中でも「コンテンツSEO」について詳しく解説していきます。 【SEOについてはこちらの記事で詳しく解説しています。】 【WEB基礎知識】SEOとは?検索エンジンの仕組みを解説

    続きを読む
  • 【UI/UXデザインとは?】初心者でもわかる!ユーザーエクスぺリエンスとは?

    武田 知也

    UIとは、User Interface(ユーザーインターフェース)の略で、利用者(ユーザー)が製品やサービスに触れるときの「目で見える部分」や「操作できる箇所」といった、ユーザーとの接点のことを指します。 「インターフェース(Interface)」という言葉はコンピューター、IT用語としてよく使用されます。直訳すると「境界面、接触面、界面」となり、異なる二つのものを仲介するという意味を持っています。 IT業界では、種類が異なる機器やコンピュータとプログラムを繋げる方法や装置のことをインターフェースと呼びます。   インターフェースの言葉のイメージを思い浮かべながら、あらためてUI(ユーザーインターフェース)を考えると分かりやすいのではないでしょうか。

    続きを読む