A?B?意外に知らない「紙」のサイズ

武田 知也

現在、身近な紙のサイズはJIS規格によって決められています。
最もポピュラーなサイズは、プリンターなどで使われるA4判ではないでしょうか?
「判」とは「判型」の略で、紙のサイズそのものを表す用語です。

A+数で表されるグループはA列と呼ばれ、A1(594×841)を基準にしています。
A1を半分にするとA2、A2を半分にするとA3、さらに半分にするとA4となっていきます。
このような関係がAグループで、国際規格にも採用されています。

さて、もう1つグループがあります。週刊少年誌などでなじみ深いB5判の属するグループです。
B+数で表されるグループはB列と呼ばれ、B1(728×1085)を基準にしています。
A列と同様、B1を半分にするとB2、B2を半分にするとB3、さらに半分にするとB4となっていきます。
このような関係がBグループで、江戸時代の美濃紙サイズに由来した国内規格です。

それぞれを見比べるとお分かりのようにA判よりもB判の方が一回り大きいことも特徴です。

どのような印刷物を作るかによって、最適な印刷用紙サイズが変わってきますので、あらかじめサイズ表を基準にされてみてはいかがでしょうか?

関連制作実績

関連コラム

  • HowTo 会社案内パンフレット|シーン別の制作事例と料金サンプル

    武田 知也

    「会社案内が古くなったから新しく作り直してほしい。」 「新卒向けにフレッシュな会社案内を作ってはどうだろうか。」 「今度の展示会で新規事業を盛り込んだ会社案内パンフレットが必要になった。」 あなたは会社案内の制作を担当することになりました。 今までのパンフレットは会社概要をまとめただけの簡単なものだけ。 何から手を付けていいのか分からない! 今回はそのような担当者に向けた、営業・採用・展示会、各シーン別に会社案内パンフレットに合った印刷デザインと弊社の制作事例をご紹介します。 会社概要を掲載するだけでは、会社の本質を伝えることはできません。 企業理念・コンセプト、ストーリー、ブランディングなどの手法を使い、会社案内を広報媒体としてうまく活用しましょう。

    続きを読む
  • 【フォントのはなし】明朝体とは?|定番&おすすめフォントの紹介

    武田 知也

    フォントの知識がない方でも「ゴシック体」と「明朝体」というふたつの書体の名前は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 フォントとは、本来「同じサイズで、書体デザインの同じ活字の一揃い」を指し、書籍やパンフレットなどの印刷物や、パソコン、スマホに表示される書体データのことです。ゴシック体と明朝体はその中でも代表的な書体です。 ゴシック体に引き続き、フォントのはなし第2回は「明朝体」についてです。 フォントはデザインの大部分を占める重要な要素です。フォントの知識を深めることで、印刷物やウェブサイトのデザインがより分かりやすくなります。

    続きを読む
  • 【フォントのはなし】ゴシック体とは?|定番&おすすめフォントの紹介

    武田 知也

    フォントの知識がない方でも「ゴシック体」と「明朝体」というふたつの書体の名前は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 フォントとは、本来「同じサイズで、書体デザインの同じ活字の一揃い」を指し、書籍やパンフレットなどの印刷物や、パソコン、スマホに表示される書体データのことです。ゴシック体と明朝体はその中でも代表的な書体です。 フォントは種類も多く、使い方ひとつでデザインのクオリティが変わってくるため、扱いが難しく、ついデザイナーに任せがちなことも多いのではないでしょうか? 今回は実際のフォントを見ながらフォント初心者向けに解説していきます。 フォントのはなし第1回は「ゴシック体」についてです。

    続きを読む

お問い合わせ

075-812-4459 受付時間/8:45〜17:45 土・日・祝日休

受付時間/8:45〜17:45 土・日・祝日休
株式会社テイスト(運営会社)