A?B?意外に知らない「紙」のサイズ

武田 知也

現在、身近な紙のサイズはJIS規格によって決められています。
最もポピュラーなサイズは、プリンターなどで使われるA4判ではないでしょうか?
「判」とは「判型」の略で、紙のサイズそのものを表す用語です。

A+数で表されるグループはA列と呼ばれ、A1(594×841)を基準にしています。
A1を半分にするとA2、A2を半分にするとA3、さらに半分にするとA4となっていきます。
このような関係がAグループで、国際規格にも採用されています。

さて、もう1つグループがあります。週刊少年誌などでなじみ深いB5判の属するグループです。
B+数で表されるグループはB列と呼ばれ、B1(728×1085)を基準にしています。
A列と同様、B1を半分にするとB2、B2を半分にするとB3、さらに半分にするとB4となっていきます。
このような関係がBグループで、江戸時代の美濃紙サイズに由来した国内規格です。

それぞれを見比べるとお分かりのようにA判よりもB判の方が一回り大きいことも特徴です。

どのような印刷物を作るかによって、最適な印刷用紙サイズが変わってきますので、あらかじめサイズ表を基準にされてみてはいかがでしょうか?

関連制作実績

  • リサイクルショップ 販促用チラシ

    京都市上京区のリサイクルショップの販促用チラシを制作いたしました。 地域の方にお渡しするため、堅苦しいものではなく、 イラストタッチであたたかいデザインに仕上げてほしい。 と、担当者様よりご依頼いただき、イメージ通りの雰囲気に仕上げています。 【仕様】 ・A5チラシ

    続きを読む
  • 大学ボート部 ポスター

    大学のスポーツチームのポスターを制作いたしました。 インターハイ出場選手へ向けてのポスター制作ということでご依頼いただきました。 毎年春には、入学制向けのポスター制作も行っておりましたが、それとは制作コンセプトが全く異なりましたので、 どのような方に、どのような内容を伝えていきたいのかを話し合いました。 特に、「競技経験者向けであるため、全面的に競技を押し出す内容でなく、チームの雰囲気を重視した内容にしたい」、 という担当者のイメージを重視し、チームの魅力がしっかり伝えられるようデザインを仕上げていきました。 【仕様】 ・A1ポスター

    続きを読む
  • 食肉小売業 ギフトカタログ・店内チラシ

    黒毛和牛・丹波牛の「株式会社 いづつ屋」様の夏カタログと、チラシ制作を行いました。 前回までのデザインイメージを大切にしつつ、黒を基調とした高級感に加え、夏ギフトらしい爽やかな印象を盛り込んだデザインに仕上げました。 カタログを受け取られた方が、思わず笑顔になるよう想いを込めています。

    続きを読む

関連コラム

  • 印刷用画像補正の基本・初級編【明るさ・色調補正・傾き・解像度】 

    武田 知也

    スマートフォンを使うようになってからというもの、アプリを使ったフィルター加工やレタッチをすることが日常的になってきました。 しかし、ディスプレイでは美しく見える写真が、印刷してみると思い通りに行かなかったことはないでしょうか?実際にPhotoshopなどの画像補正の経験がある方ほど、印刷用の画像補正の難しさを知っているように思います。 今回はAdobe Photoshopを使った印刷に適した画像補正を作業順に解説していきます。 補正前 補正後 作例として白背景のカフェ写真を用意しました。 色調補正前の画像は全体的に暗く、背景も青みがかっています。これを補正後のように明るく、メリハリのある画像に補正していきます。

    続きを読む
  • DTP・印刷業界でよく使われる専門用語辞典

    武田 知也

    デザイナーや印刷会社の間でよく使われているDTP・印刷に関する専門用語を解説します。専門用語を覚えると修正や指示出しの際にとても便利です。専門職以外の方でも使う機会の多い用語をピックアップしました。

    続きを読む
  • SDGs入門|持続可能な社会のために印刷物にできること

    武田 知也

    SDGs(持続可能な開発目標/Sustainable Development Goals)とは、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓った、持続可能でよりよい世界を目指す国際目標のことです。 2015年に策定され、2030年までの長期目標として、17のゴール・169のターゲット(具体目標)から構成されています。 ニュースやメディアで取り上げられることも多くなり、耳にする機会も増えてきたのではないでしょうか?SDGs達成に向けて目標に取り組む企業・団体も多くなってきました。 あなたは17の目標のうち、いくつを知っていますか?         2021年現在、SDGsの目標達成期限である2030年まで10年を切りました。 あなたはこれらの目標すべてを2030年までに達成できると思いますか? もしその答えが「いいえ」なら、なぜ達成できないと感じたのかを一度考えてみてはいかがでしょうか。

    続きを読む