【店舗・地域ビジネス集客】ローカルSEO・MEOとは?|マップエンジン最適化

武田 知也

今や生活に欠かせないスマートフォン。その中でも特に地図アプリは必須アイテムのひとつではないでしょうか?外出先や初めていく場所などで地図アプリを使ってお店や場所を検索する機会が当たり前になってきました。

地図アプリの中でもGoogeleマップはシェア率が高く、実際に地図アプリ=Googleマップを思い浮かべる方も多いと思います。
Googleマップの検索結果は、場所はもちろん口コミウェブサイト電話番号など必要な情報がまとまっているのも使い勝手のいいポイントです。初めていく店などは口コミを参考にされる方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな便利なGoogleマップの検索上位に表示させる施策「MEO(マップエンジン最適化)」について解説していきます。

MEOとは?

MEOとはMap Engine Optimization(マップエンジン最適化)の頭文字をとった略称です。ローカルSEOとも呼ばれ、SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)マーケティングのひとつです。

【WEB基礎知識】SEOとは?検索エンジンの仕組みを解説

SEOが検索結果上位表示を目指すのに対して、MEOはさらに地域性に特化している点が特徴です。具体的にはGoogleマップの検索結果やGoogle検索「地域ワード+キーワード」において、上位表示をさせることを目指します。

Googleマイビジネス

MEO対策を行うためにははまずはGoogleに自分の店舗を認識してもらわないといけません。そのためGoogleマイビジネスを使って自社情報を入力します。Googleマイビジネスは無料で利用できます。

Googleマイビジネスとは
Google マイビジネスは、さまざまな Google サービス(Google 検索や Google マップなど)上にローカル ビジネス情報を表示し、管理することができる無料ツールです。実店舗に顧客を迎え入れてサービスを提供するビジネスや、エリア限定でサービスを提供するビジネスを営んでいる方は、このツールを活用すればユーザーにビジネスをアピールすることができます。Google でのオーナー確認を済ませているビジネスは、ユーザーからの信頼度が倍増する傾向があります。

Google ビジネス プロフィールへようこそ - Google ビジネス プロフィール ヘルプ

この記事の内容: ビジネス プロフィールとは オンライン マーケティングに関する基礎知識 ビジネス プロフ

GoogleマップはGoogleが得た情報や、ユーザーからの情報を自動的にマップに反映させるため、Googleマイビジネスに登録を行なっていなくても、Googleマップ上に店舗の場所や情報を勝手に掲載される可能性があります。
そのため、時には不確かな情報や店舗にとってデメリットになる情報が掲載されることもあります。

Googleマイビジネスを使い積極的に管理することで、店舗にとって有益なマーケティングツールにすることができます。

MEOを行うメリット・デメリット

メリット

・集客に直結
Googleマップで検索を行っているということは来客見込みが高いユーザーです。
キーワードに合った情報を提供できれば、ダイレクトに集客が可能です。

・必要な情報を提供できる
検索しているユーザーは何かしらの目的があります。場所を知りたい、電話をかけたい、口コミをリサーチしたいなど、目的によってその後の行動も変わってきます。
Googleマイビジネスに必要な情報を掲載していると、ユーザーはGoogleマップから簡単に行動を起こすことができます。

・SEOに比べ成果が出やすい
実際にSEO対策を行った経験のある方は分かると思いますが、業種やサービス名でGoogle自然検索に上位表示させるのは至難の技です。MEOの検索結果は、関連性やユーザーからの距離などが加味されるため見込み客にダイレクトにアプローチできます。

デメリット

・ネガティブな口コミ

Googleマップに多くの口コミを書き込んでもらうことは重要ですが、中には悪い影響をもたらす口コミも存在します。
ネガティブな口コミに対してはGoogleマイビジネスの管理機能を使い丁寧な返信をするといった真摯な対応が必要となってきます。

Googleマイビジネスを使ったMEO対策の方法

では、どのようにしてMEO対策を行っていくのか、実はGoogleはランキングの仕組みを公開しています。ランキングの仕組みを理解し対策を行っていきます。

Googleマップ検索ランキングの仕組み

Googleマップのローカル検索結果のランキングが決定される仕組みは以下の3つの要素の組み合わせで行われています。
・関連性
関連性とは、検索語句とローカル ビジネス プロフィールが合致する度合いを指します。充実したビジネス情報を掲載すると、ビジネスについてのより的確な情報が提供されるため、プロフィールと検索語句との関連性を高めることができます。

・距離
距離とは、検索語句で指定された場所から検索結果のビジネス所在地までの距離を指します。検索語句で場所が指定されていない場合は、検索しているユーザーの現在地情報に基づいて距離が計算されます。

・知名度
知名度とは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、ローカル検索結果のランキングにはこうした情報が加味されます。たとえば、有名な博物館、ランドマークとなるホテル、有名なブランド名を持つお店などは、ローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。

ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も知名度に影響します。Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果のランキングに影響します。クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、ランキングが高くなります。ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、検索エンジン最適化(SEO)の手法も適用できます。

MEO対策の第一歩として、Googleマイビジネスに十分な情報を掲載するところから始めましょう。住所や電話番号の基本情報以外にも、正確な営業時間の情報も重要です。また、口コミへの返信や、写真の追加などマメな更新も掲載順位改善に有効です。

まとめ

実際に足を運んでもらう店舗にとってMEO(ローカルSEO)対策は必須です。SEO対策と同様に、MEOも検索ランキングの仕組みや、対策に有効な方法をを知ることで効果的な集客をすることができます。
京都広告デザイン.comではMEO、SEO対策に関するご相談も承っています。お電話もしくはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。