学会 冊子・看板・販促ツール

京都産業大学様で開催された日本広告学会様の広報ツール及び看板などのグラフィックデザインが必要なツール類を作成させていただきました。

数か月前より数回にわたり、大会の概要をお知らせするDM「通信」(A4冊子)を作成から発送まで行い、大会当日に使用される『要旨集』、誘導看板、横断幕、お食事券、名札などの作成や講演者のプレゼンテーション用のコンピュータの調達までご依頼いただきました。広報に関わる仕事をワンストップで行えることに大変満足していただきました。

プロジェクト概要

クライアント名 日本広告学会
クライアント所在地 京都
URL http://jaaweb.jp/

関連制作実績

  • 大学ボート部 年報

    大学ボート部の年報(令和2年度)です。毎年楽しみにしている部員・OBのために、飽きのこないデザインと、力強さを表現しました。現競技者・元競技者向けの冊子になりますので、1年間の戦績など見やすいレイアウトを心掛けています。 毎年同じではなく、その年ごとの特色が出る冊子になっています。 制作、文章の校正、印刷を担当しています。 【仕様】 ・A4 48ページ ・両面フルカラー ・中綴じ製本 右綴じ ・表紙加工オプション

    続きを読む
  • 建設業協会 広報誌・写真撮影・取材

    建設業協会の広報誌の制作を行っています。特集記事企画から取材デザインなどの制作、印刷までご依頼いただきました。 表紙イラストに始まり、地域のPC橋を紹介する紀行記事、撮影、編集など総合的に担当し、制作いたしました。制作にあたっては企画段階から会議に出席し、紀行記事へのロケハン、撮影、取材依頼、撮影、ライティング、校正、校閲、印刷まで一貫したサービスを行いました。 こちらの広報誌は、会員企業、大学、研究機関、官公庁向けとなっており、全国にあるPC構造物を紹介する特集では企画・取材・ライティング・撮影を行い、8~10ページ位の企画として仕上げていきます。その他、業界内の問題や課題に切り込む特別企画など、会員企業に好評の内容となっています。年間3回の発刊、5年目になりますが、年々企画が充実したものとなっています。 お客様からは「業界の売りとなる立派な広報誌ができた。広報力の強化を行うことができた」と満足いただいています。

    続きを読む
  • 建設業協会 パンフレット・記念誌・動画

    一般社団法人プレストレスト・コンクリート建設業協会様の企業パンフレットや記念誌など、会社案内のデザインと印刷物各種を制作させていただきました。

    続きを読む

関連コラム

  • 印刷用画像補正の基本・初級編【明るさ・色調補正・傾き・解像度】 

    武田 知也

    スマートフォンを使うようになってからというもの、アプリを使ったフィルター加工やレタッチをすることが日常的になってきました。 しかし、ディスプレイでは美しく見える写真が、印刷してみると思い通りに行かなかったことはないでしょうか?実際にPhotoshopなどの画像補正の経験がある方ほど、印刷用の画像補正の難しさを知っているように思います。 今回はAdobe Photoshopを使った印刷に適した画像補正を作業順に解説していきます。 補正前 補正後 作例として白背景のカフェ写真を用意しました。 色調補正前の画像は全体的に暗く、背景も青みがかっています。これを補正後のように明るく、メリハリのある画像に補正していきます。

    続きを読む
  • DTP・印刷業界でよく使われる専門用語辞典

    武田 知也

    デザイナーや印刷会社の間でよく使われているDTP・印刷に関する専門用語を解説します。専門用語を覚えると修正や指示出しの際にとても便利です。専門職以外の方でも使う機会の多い用語をピックアップしました。

    続きを読む
  • SDGs入門|持続可能な社会のために印刷物にできること

    武田 知也

    SDGs(持続可能な開発目標/Sustainable Development Goals)とは、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓った、持続可能でよりよい世界を目指す国際目標のことです。 2015年に策定され、2030年までの長期目標として、17のゴール・169のターゲット(具体目標)から構成されています。 ニュースやメディアで取り上げられることも多くなり、耳にする機会も増えてきたのではないでしょうか?SDGs達成に向けて目標に取り組む企業・団体も多くなってきました。 あなたは17の目標のうち、いくつを知っていますか?         2021年現在、SDGsの目標達成期限である2030年まで10年を切りました。 あなたはこれらの目標すべてを2030年までに達成できると思いますか? もしその答えが「いいえ」なら、なぜ達成できないと感じたのかを一度考えてみてはいかがでしょうか。

    続きを読む