リクルート・新卒採用サイト

リクルートサイトとは?必要性は?

採用を目的としたウェブサイトのことをリクルートサイト、採用サイトと呼びます。企業の顔であり広く情報を発信する役割のコーポレートサイトと違い、リクルートサイトはターゲットが新卒者・求職者に限定されます。
多くの求職者に興味を持ってもらい、より的確にメッセージを届けるためには、ターゲットを絞り込んだリクルートサイトの運営をおすすめします。
(「採用ホームページ」と呼ばれることが一般的)

リクルートサイトのメリット

メリット1.質の高い人材が集まる

自社リクルートサイトは伝えたいことを自由にデザインすることができます。それによって、求職者は企業を深く理解しエントリーするため、より採用条件にマッチした質の高い人材が応募してくれるようになります。

メリット2.詳細な情報でミスマッチを減らせる

採用条件を細かく掲載することができるため、採用する企業側と求職者の間のミスマッチを減らすことができます。時間・費用など多くのコストがかかる採用では、できるだけミスマッチを防ぐのも重要なポイントです。

メリット3.企業の採用に対する意欲をアピール
自社で独立したリクルートサイトを運営していることで、企業の採用に対する熱意を伝えることができます。ウェブサイトは求職者にどんな会社なのかを知ってもらう機会でもあります。デザインやメッセージをうまく活用し、採用への意欲を伝えることは、質の高い人材からの応募にも繋がります。

メリット4.応募件数の増加
採用専門のウェブサイトでは、他の企業に埋もれてしまい、なかなか思うように人材が集まらないことがあります。リクルートサイトは他社との差別化にも有効です。
採用サイト、SNS等様々な入り口からリクルートサイトへ促すことで、エントリー率も上がります。

関連制作実績

関連コラム

  • WEB

    WEBフォントについて学ぼう!メリットと注意点を解説

    武田 知也

    Webフォントが使えるようになる以前は、Webサイトは端末にインストールされているフォントに依存していました。 CSSを使いフォントを指定することは可能でしたが、一般的な端末にインストールされているフォントは数が少なく、製作者の指定したフォントがない場合は代替フォントで表示されます。 つまり、Webサイトのフォントはユーザー環境に左右されて、製作者の意図しないデザインに表示されることがあったのです。 この問題を解決するために作られた技術がWebフォントです。 サーバー上にあるフォントファイルから、Webデザイナーが指定したWebフォントを読み込んで表示するため、どのデバイスでも同じフォントで閲覧することができるようになりました。 今回はWebフォントのメリットと注意点について解説します。

    続きを読む