【今すぐ使える】伝わる企画書・プレゼン資料の3つコツ|PowerPoint・Keynote

武田 知也

「新しい生活様式」がはじまり、1年が過ぎました。
リモートワークやZoomMTGなどの言葉も定着し、今まで対面だったやりとりをオンラインで行うことも増えてきたのではないでしょうか?

働き方が変わったことで、今まで以上に重要になってきたものがあります。
それは「書き言葉」の力です。

オンライン上でも、会話の流れやニュアンスを読み取る「会話力」は必要です。しかし、オンラインミーティングの最中、ディスプレイに表示されているのは、話をしている相手の顔ではなく、PowerPointやKeynoteで作成された、企画書・プレゼン資料の共有画面ではないでしょうか?

話し言葉より書き言葉への変化はあらゆる場面で感じられるようになってきました。しかし、言葉を書く能力は一朝一夕で身につくものではありません。
今回はちょっと意識するだけでPowerPointやKeynoteの企画書・プレゼン資料が読みやすくなるコツを紹介します。

どれだけ優れた企画内容であっても、伝わらなければ価値がありません。
伝わる=読みやすさは、企画内容と同じぐらい重要です。

1.ひとつのスライドに、ひとつの内容

このコラムのプレゼン資料を2パターン制作しました。

A.複数の内容を1ページにまとめた資料

B.1ページに1内容の資料

AとBのどちらが読みやすいと思いましたか?また、実際に自分でプレゼンをするならば、どちらの資料を使いたいでしょうか?

ひとつのスライドごとに情報が分かれていると、伝える人も聞く人も1ページごとに内容を理解しながらプレゼンを進めることができます。

注意点としては必ずページ番号を付けるようにします。ちょっとした工夫ですが、あるとないのでは、プレゼン後の質疑応答等の進行に大きく影響します。

2.抽象的な表現を使わない

抽象的な言葉は伝えたい内容の輪郭をぼんやりさせ、明解さを失います。カタカナや強調語、言葉を過剰に装飾した文章は読みにくさが増します。

架空の化粧水のサンプル文章を2パターン用意しました。
どちらが興味を惹く文章になっているでしょうか?

サンプル文章1では一見するとナチュラルで肌によさそうな化粧水ですが、よく読むと商品の魅力となる根拠がまったく伝わってきません。
「天然原料」や「こだわり」など耳馴染みの良い言葉を並べているだけです。

サンプル文章2では、曖昧な表現を避けて、成分や数字といった事実を並べています。商品の魅力の根拠を示すことで、商品購入の動機付けになります。

ついつい便利で使いがちな「こだわり」「特別」などといった、抽象表現が多用されていないかを意識するだけで、すっきりと伝わる文章になります。
また「ナチュラル」「ストーリー」「デザイン」などカタカナ言葉も抽象的な言葉の代表例です。

曖昧な言葉を削り、根拠のある事実を中心に文章を構成しましょう。

3.最大限文字を大きくする

以下の2枚は、同じ言葉を文字の大きさだけ変えて作りました。
どちらのほうが内容が伝わってきますか?

今回紹介する中でもっとも重要と言ってもいいコツが文字を大きくすることです。
企画書作りに夢中になっているとついつい情報を詰め込みすぎて、文字が小さくなってしまいます。
シンプルなコツですが、効果は抜群です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は知っているだけで使うことができる、書き言葉を伝えるための3つのコツについてご紹介しました。
どれも基本的なコツではありますが、この3つを押さえるでも格段に見やすい企画書・プレゼン資料作りができるはずです。

会話から書き言葉へ。その変化に気が付き、書き言葉の伝え方を身につけた人ほど、今後ますます活躍できる場面が増えるのではないでしょうか。

関連制作実績

  • 建設業協会 広報誌・写真撮影・取材

    建設業協会の広報誌の制作を行っています。特集記事企画から取材デザインなどの制作、印刷までご依頼いただきました。 表紙イラストに始まり、地域のPC橋を紹介する紀行記事、撮影、編集など総合的に担当し、制作いたしました。制作にあたっては企画段階から会議に出席し、紀行記事へのロケハン、撮影、取材依頼、撮影、ライティング、校正、校閲、印刷まで一貫したサービスを行いました。 こちらの広報誌は、会員企業、大学、研究機関、官公庁向けとなっており、全国にあるPC構造物を紹介する特集では企画・取材・ライティング・撮影を行い、8~10ページ位の企画として仕上げていきます。その他、業界内の問題や課題に切り込む特別企画など、会員企業に好評の内容となっています。年間3回の発刊、5年目になりますが、年々企画が充実したものとなっています。 お客様からは「業界の売りとなる立派な広報誌ができた。広報力の強化を行うことができた」と満足いただいています。

    続きを読む
  • 不動産会社 広報誌・ライティング・写真撮影・会社案内

    京都で長年不動産を営んでいらっしゃる会社からの依頼で、これまでの不動産にかかわる取引事例で印象的だった案件を紹介する広報誌K-Caseを発刊しました。携っていただいたお客様を中心に取引の経緯や苦労話などを語っていただきました。初期段階でラフ組みを行い企画会議をしたのち、インタビュー、撮影を行い、文章制作も行いました。過去の良い事例がドラマチックに描かれたと好評でした。

    続きを読む
  • 病院 広報誌 編集・撮影・デザイン

    がくさい病院様の目指されている医療のカタチ、その日々の活動を患者様、地域の皆様、協力先様に、さらに知っていただくことを目的として広報誌のご依頼を頂きました。

    続きを読む

関連コラム

  • 9つのマスが閃きへ導く!アイデアに困った時の発想法

    武田 知也

    日常生活や仕事の中でアイデアが必要な時ってありますよね。 日常を快適に過ごすための工夫や、仕事関係なら企画書を作成する時など、場面は様々。とにかくアイデアをたくさん捻り出したい、でも行き詰まって中々閃かない。 それは論理的思考に陥っているのが一つの原因だと言われています、なので難しい事ばかり考えず、柔軟な思考を意識しましょう。 …なんて、言うのは簡単ですが、一度固くなった頭を柔らかくするのって難しいですよね。 そんな時は自分から脳に揺さぶりをかけて閃きを呼び込みましょう。 呼び込む方法として、誰でも簡単に出来る発想法がいくつかあるのですが、私がお勧めするのは… 「マンダラート発想法」です!

    続きを読む
  • 顧客心理からのゴール設定でビジネスを捉える!コンセプトダイアグラム

    武田 知也

    先日googleアナリティクス(※1)を活用する講座に参加してきました。データの取り方や目標設定を重視した内容になっていましたので、その中でビジネスに使えそうな部分をシェアしたいと思います。 (※1)googleが提供するアクセス解析ツールで、ウェブサイト利用者の行動などのデータを入手できる

    続きを読む

お問い合わせ

075-812-4459 受付時間/8:45〜17:45 土・日・祝日休

受付時間/8:45〜17:45 土・日・祝日休
株式会社テイスト(運営会社)