広報誌・社内報

読まれる社内報とは

社内報があまり読まれていない、何のために作っているの分からないなどの悩みを抱えてはいないでしょうか?もしくは、社内報をつくろうと計画しているものの、記事の内容や制作方法に迷っている方もいるのではないでしょうか。

社内報は主に会社の中に向かって発信する広報活動です。中というのは社員はもちろん、社員の家族や働く予定の採用候補者などが含まれることもあります。
どの媒体においても言えることですが、より多くの人に読んでもらうためには、誰に向かって発信するかを整理し、読者を想定した記事をつくることが必要です。

社内報を作成する3つの目的

では、なぜ社内報で情報を発信する必要があるのでしょうか?社内報を発行する目的は大きく3つの項目に当てはめることができます。

1.社内の情報を共有する
会社内で情報を共有するために社内報を利用します。お知らせや時事などの情報の他、企業理念の共有や組織の目的を進めるために、社内報という公的な刊行物で定期的に情報共有します。会社のビジョンを浸透させる役割を持っています。

2.コミュニケーションの活性化
会社の規模大きくなるほど、社員同士の物理的な距離が広がり、コミュニケーションがしにくくなってきます。営業所が違うと顔を合わせる機会もありません。新入社員の紹介や、新しい商品の紹介、貢献した社員へのインタビューなどを取り上げることで、会社や社員への理解がより一層深まります。
目安として社員数50名以上になると、社内報の導入を検討することが多いです。

3.やりがいの向上・従業員教育
働く人々が会社へ親しみをもち、モチベーションを維持するのも社内報の目的の一つです。読むことで、考え、行動に繋がるような記事は社員教育の一環と捉えることもできます。
コンプライアンスが重要になってきている中、社内報を利用し、コンプライアンスを徹底する意識づくりにも利用できます。

広報誌とは?

広報誌とは、自社の魅力やサービスをPRする印刷物のことを指します。企業や自治体、NPOなどの団体が活動方針を知らせるために作成する刊行物で、社内報とは違い外に向かって発信します。

不特定多数のターゲットに向けて企業や団体の活動を宣伝するために使用するため、PR誌とも呼ばれています。

効果的な広報誌を作るためには

効果的な広報誌を作成するためには、作成前にターゲットをはっきりさせることが重要です。
不特定多数に向けて発行する広報誌ですが、届けたいターゲットに伝わらないと意味がありません。

最初にコンセプトとターゲットを決めることで、スムーズに制作することができます。5W1H、Who(だれが)When(いつ)、Where(どこで)、What(なにを)、Why(なぜ)、How(どのように)を書き出してみましょう。
書き出した5W1Hを見ながら、信頼感のあるようにしたいか、楽しげな雰囲気を伝えたいか、などデザインやコンテンツの方向性の主軸となるコンセプトを決めていきます。

社内報や広報誌を続けるためには

定期的に刊行する必要がある社内報や広報物の難しい点は、続けることではないでしょうか。「みんなに読んでもらえる社内報を届けたい」「クオリティの高い広報誌にしたい」と思うあまり、創刊号で力尽きてしまうなんてことも・・・。
毎号続けることは、担当者への負担が大きく、無理やトラブルが生じることも考えられます。立ち上げ時に仕事量の配分や連載できるコンテンツなどをつくり、続けられる体制を整えておくことが長く刊行できる秘訣です。

継続するための記事の企画から、毎号読んでもらえるデザインのノウハウまで、京都広告デザイン.comでは社内報、広報誌担当者様に寄り添ったサポートが可能です。ぜひ一度お問い合わせください。

料金サンプル

下記金額はほんの一例で、その他のあらゆるタイプの制作・印刷に対応いたします。
営業担当者が内容をお聞きし、御見積させていただきますのでお気軽にお問い合わせください。

  • A4・4ページ 二つ折
    152,000円〜

    (内訳) 制作費:120,000円、印刷料:32,000円

    ・サイズ:A4・4ページ

    ・用紙:マットコート110kg

    ・加工:二つ折

    ・ページ:4P

    ・部数:1000

  • A4・6ページ 三つ折
    205,000円〜

    (内訳) 制作費:160,000円、印刷料:45,000円

    ・サイズ:A4・6ページ

    ・用紙:マットコート110kg

    ・加工:巻三つ折

    ・ページ:6P

    ・部数:1000

  • A4・8ページ 中綴冊子
    258,000円〜

    (内訳) 制作費:200,000円、印刷料:58,000円

    ・サイズ:A4・8ページ

    ・用紙:マットコート110kg

    ・加工:中綴製本

    ・ページ:8P

    ・部数:1000

関連制作実績

  • 大学ボート部 年報

    大学ボート部の年報(令和2年度)です。毎年楽しみにしている部員・OBのために、飽きのこないデザインと、力強さを表現しました。現競技者・元競技者向けの冊子になりますので、1年間の戦績など見やすいレイアウトを心掛けています。 毎年同じではなく、その年ごとの特色が出る冊子になっています。 制作、文章の校正、印刷を担当しています。 【仕様】 ・A4 48ページ ・両面フルカラー ・中綴じ製本 右綴じ ・表紙加工オプション

    続きを読む
  • 建設業協会 広報誌・写真撮影・取材

    建設業協会の広報誌の制作を行っています。特集記事企画から取材デザインなどの制作、印刷までご依頼いただきました。 表紙イラストに始まり、地域のPC橋を紹介する紀行記事、撮影、編集など総合的に担当し、制作いたしました。制作にあたっては企画段階から会議に出席し、紀行記事へのロケハン、撮影、取材依頼、撮影、ライティング、校正、校閲、印刷まで一貫したサービスを行いました。 こちらの広報誌は、会員企業、大学、研究機関、官公庁向けとなっており、全国にあるPC構造物を紹介する特集では企画・取材・ライティング・撮影を行い、8~10ページ位の企画として仕上げていきます。その他、業界内の問題や課題に切り込む特別企画など、会員企業に好評の内容となっています。年間3回の発刊、5年目になりますが、年々企画が充実したものとなっています。 お客様からは「業界の売りとなる立派な広報誌ができた。広報力の強化を行うことができた」と満足いただいています。

    続きを読む
  • 建設業協会 パンフレット・記念誌・動画

    一般社団法人プレストレスト・コンクリート建設業協会様の企業パンフレットや記念誌など、会社案内のデザインと印刷物各種を制作させていただきました。

    続きを読む

関連コラム

  • 印刷用画像補正の基本・初級編【明るさ・色調補正・傾き・解像度】 

    武田 知也

    スマートフォンを使うようになってからというもの、アプリを使ったフィルター加工やレタッチをすることが日常的になってきました。 しかし、ディスプレイでは美しく見える写真が、印刷してみると思い通りに行かなかったことはないでしょうか?実際にPhotoshopなどの画像補正の経験がある方ほど、印刷用の画像補正の難しさを知っているように思います。 今回はAdobe Photoshopを使った印刷に適した画像補正を作業順に解説していきます。 補正前 補正後 作例として白背景のカフェ写真を用意しました。 色調補正前の画像は全体的に暗く、背景も青みがかっています。これを補正後のように明るく、メリハリのある画像に補正していきます。

    続きを読む
  • DTP・印刷業界でよく使われる専門用語辞典

    武田 知也

    デザイナーや印刷会社の間でよく使われているDTP・印刷に関する専門用語を解説します。専門用語を覚えると修正や指示出しの際にとても便利です。専門職以外の方でも使う機会の多い用語をピックアップしました。

    続きを読む
  • SDGs入門|持続可能な社会のために印刷物にできること

    武田 知也

    SDGs(持続可能な開発目標/Sustainable Development Goals)とは、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓った、持続可能でよりよい世界を目指す国際目標のことです。 2015年に策定され、2030年までの長期目標として、17のゴール・169のターゲット(具体目標)から構成されています。 ニュースやメディアで取り上げられることも多くなり、耳にする機会も増えてきたのではないでしょうか?SDGs達成に向けて目標に取り組む企業・団体も多くなってきました。 あなたは17の目標のうち、いくつを知っていますか?         2021年現在、SDGsの目標達成期限である2030年まで10年を切りました。 あなたはこれらの目標すべてを2030年までに達成できると思いますか? もしその答えが「いいえ」なら、なぜ達成できないと感じたのかを一度考えてみてはいかがでしょうか。

    続きを読む