会社案内

会社案内とは?制作方法

会社案内は企業の業種や使用用途によって様々ですが多くは、信頼・安心感、会社の説明、ブランドの説明など、どのような会社かを伝えるためのツールになります。
ここではゼロから会社案内作る工程を4つのステップで解説します。

STEP1.会社案内を使うシーンや場所を想定する

いざ会社案内を作ろうとした時、最初はデザインやページ数を考えがちですが、最初のステップとしてまずやるべきことは、会社案内を使用する具体的なシーンや場所を想定することです。最初に想像を膨らませておくことが、使いやすい理想の会社案内を作るために重要になってきます。

会社案内の利用方法として挙げられるのは、営業活動や会社説明会での活用です。まずは、商談や取引、採用に繋がる会社案内がどのようなものかを想像することから始めてみましょう。

STEP2.コンセプトを決める

シーンやターゲットの想定ができたら、それを元に具体的な対象を書き出していきます。ここでは、5W1Hを使うと整理しやすいです。
5W1HとはWho(だれが)When(いつ)、Where(どこで)、What(なにを)、Why(なぜ)、How(どのように)を指し示す言葉です。
すべてを埋める必要はありませんが、頭の中で想像したことを言葉に書き出すことで、具体的な会社案内のイメージが見えてきます。

次に書き出した5W1Hを見ながら、信頼感のあるようにしたいか、楽しげな雰囲気を伝えたいか、などデザインやコンテンツの方向性の主軸となるコンセプトを決めていきます。

STEP3.コンテンツを決める

コンテンツとは会社案内に掲載する項目のことです。
ここでは会社案内に掲載する代表的なコンテンツを紹介します。

・事業紹介
事業紹介ページは会社が何をしているかを説明するために必要なコンテンツです。
製品・サービス・製造など会社によって紹介方法やページ数は異なりますが、多くの場合はこのコンテンツに多くのページを使います。

・企業理念・代表メッセージ
企業として指針となる信念を掲載します。
代表者の写真と一緒に企業のビジョンをメッセージを企業理念と合わせて掲載しても効果的です。

・会社概要
所在地、設立年月日、資本金など会社の基本情報を掲載します。

・沿革・会社の歴史
設立からの沿革を掲載します。会社の背景をストーリーにして説明することもできます。設立が浅く特に掲載する必要がなければ省くこともできます。

・CSR
CSR活動は企業をアピールする時に重要な要素になってきます。CSR活動を行っている場合はしっかりと掲載します。

・社員紹介
働いている社員のメッセージは特に会社説明会など採用活動の場面で有効です。

・外観・内観・設備・店舗などの紹介
写真を使ってイメージよく見せるのがポイントです。

STEP4.デザインと仕様を決める

コンテンツが決まったら、次に形式やページ数といった仕様を決定します。
ページ数と紙種によってコストが大きく変わるため、予算に合わせて検討していきます。
仕様が決まったらいよいよデザインです。必要に応じてインタビューを行ったり、写真撮影をします。掲載に必要な写真や文章をすべて揃えたらデザインに落とし込み完成です。

おわりに

やっと会社案内を完成しても、数年ごとに修正やリニューアルが必要になることがよくあります。

京都広告デザイン.comでは、初回に印刷する適正な部数や、修正を前提とした仕様やデザインなどを、蓄積された経験を元にアドバイスさせていただきます。ぜひ一度ご相談ください。

料金サンプル

下記金額はほんの一例で、その他のあらゆるタイプの制作・印刷に対応いたします。
営業担当者が内容をお聞きし、御見積させていただきますのでお気軽にお問い合わせください。

  • A4・6ページ 三つ折
    250,000円〜

    (内訳) 制作費:200,000円、印刷料:50,000円

    ・サイズ:A4・6ページ

    ・用紙:マットコート135kg

    ・加工:巻三つ折

    ・ページ:6P

    ・部数:1000

  • A4・8ページ 中綴冊子
    300,000円〜

    (内訳) 制作費:240,000円、印刷料:60,000円

    ・サイズ:A4・8ページ

    ・用紙:マットコート135kg

    ・加工:中綴製本

    ・ページ:8P

    ・部数:1000

  • A4・16ページ 中綴冊子
    470,000円〜

    (内訳) 制作費:370,000円、印刷料:100,000円

    ・サイズ:A4・16ページ

    ・用紙:マットコート135kg

    ・加工:中綴製本

    ・ページ:16P

    ・部数:1000

関連制作実績

  • 半導体メーカー 会社案内

    福島でSiC(シリコンカーバイド)を用いた先進技術を開発されている会社様より会社案内パンフレットの制作依頼をいただきました。 原稿をベースに企業理念などをふまえて、パンフレットの構成、内容、デザインをご提案させていただきました。 挟み込みは会社概要を掲載。 中綴じ8ページ+挟み込みA4変形

    続きを読む
  • 不動産関連会社 会社案内

    鉄・非鉄、金属リサイクル、不動産事業の巖本金属商事株式会社様の会社案内パンフレットを制作させて頂きました。

    続きを読む
  • 不動産投資顧問会社 会社案内

    福岡を本社に東京との2拠点で、不動産マネジメントを主な業務とされる不動産投資顧問会社のパンフレットを制作しました。 弊社福岡オフィスと同じビルだったご縁もあり、打ち合わせも、カラーカンプのお渡しもあっという間に行えました。もちろん納品も。しばらくして弊社が移転してしまいましたが、15分程度ですので飛んで行きます! 今後ともよろしくお願いいたします。

    続きを読む

関連コラム

  • 【カラーは重要!】イメージ別・おすすめカラーリング10選

    武田 知也

    広告を企画する際、何を誰に伝えたいかとともに、どんな印象を与えたいかをまず考える方が多いのではないでしょうか。 そんな印象作りに大きく関係するのが【色】です。このことは皆さんもなんとなく体験で感じているのではないでしょうか。 個人差はあれど色が与える印象というのはある程度共通性があるためです。よくあるイメージを10個ほどあげてみましょう。 1.キュート・かわいらしい 2.クール・先進的 3.落ち着きのある 4.まじめ・信頼感 5.親しみ・ポップ 6.さわやか 7.ゴージャス・リッチ 8.お得感 9.エレガント・上品 10.ダイナミック・勢いのある こんなところでしょうか。それではこれらの印象を与えたい場合にイメージしやすい色をまとめてみましょう。

    続きを読む
  • 人も広告も第一印象で決まる!印刷物の表紙の重要性

    武田 知也

    パンフレットやリーフレット、フライヤー、ポスター、DMなどなど 広告っていっぱいありますよね。 …ありますので、 いちいち全部見て覚えるのって、無理ですよね? 今の時代、目に飛び込んでくる情報をひとつひとつじっくり見て 読んで理解するなんて、いくつ目と耳があっても足りないじゃないですか。 でも私たちだってバカではありませんから! 一切全く何にも情報を見てないわけではありません。 人は無意識のうちに情報を選別し、 その中からいくつかだけを記憶しているのだと思います。 では、人はどんな基準でその選別を行っているのでしょうか? それは、広告の情報が 自分にとって「興味のあるもの」であるかと「必要」であるかどうかです。 興味のないものやおもしろくないもの、必要でないものは まぁ良くても「見ても3日後には忘れるもの」に選別されます。 これでは広告物の意味がありませんよね。

    続きを読む
  • 顧客心理からのゴール設定でビジネスを捉える!コンセプトダイアグラム

    武田 知也

    先日googleアナリティクス(※1)を活用する講座に参加してきました。データの取り方や目標設定を重視した内容になっていましたので、その中でビジネスに使えそうな部分をシェアしたいと思います。 (※1)googleが提供するアクセス解析ツールで、ウェブサイト利用者の行動などのデータを入手できる

    続きを読む

お問い合わせ

075-812-4459 受付時間/8:45〜17:45 土・日・祝日休

受付時間/8:45〜17:45 土・日・祝日休
株式会社テイスト(運営会社)